臣亮言す・・・



先帝、業を創め未だ半ばならざるに

中道にして崩殂す。

今、天下三分し、益州は疲弊せり・・・

此れ誠に危急存亡の秋なり。

然るに侍衛の臣、内に懈らず、

忠志の士、身を外に忘るるは、

蓋し先帝の殊遇を追いて、

之を陛下に報いんと欲すればなり。

誠に宜しく聖聴を開張し、

以て先帝の遺徳を光かし、

志士の気を恢弘すべし。

宜しく妄りに自ら菲薄し、

喩を引きて義を失い、

以て忠諫の路を塞ぐべからざるなり・・・


宮中府中、倶に一体たり、

陟罰臧否は宜しく異同あるべからず。

若し姦を作し科を犯し、

及び忠善を為す者有らば、

宜しく有司に付して、其の刑賞を論じ、

似て陛下平明の理を明らかにすべし。

宜しく偏私して、

内外をして法を異にせしむべからず・・・


侍中、侍郎の郭攸之、費禕、董允等、

此れ皆良実にして、志慮忠純なり。

是を以て先帝簡抜し以て陛下に遺せり。

愚おもえらく宮中の事、

事大小と無く、悉く以て之に咨い、

然る後施行せば、必ず能く闕漏を裨補し、

広益する所有らん。


将軍向寵、性行淑均にして、軍事に暁暢す。

試みに昔日に用いられ、

先帝之を称して能と曰う。

是を以て衆議は寵を挙げて督となす。

愚おもえらく営中の事、悉く以て之に咨わば、

必ず能く行陣をして和睦し、優劣所を得しめん。



賢臣を親しみ小人を遠ざくるは

此れ先漢の興隆せし所以なり・・・


小人を親しみ賢臣を遠ざくるは

此れ後漢の傾頽せし所以なり・・・


先帝在りし時、臣と毎に此の事を論じ、

未だ嘗て桓・霊に歎息痛恨せずんばあらざるなり・・・


侍中、尚書、長史、参軍、

此れ悉く貞良死節の臣なり。

願わくは陛下之を親しみ之を信ぜよ。

則ち漢室の隆、日を計りて待つべきなり。



臣本布衣、躬ら南陽に耕し、

苟くも性命を乱世に全うし、

聞達を諸侯に求めず・・・

しかるに先帝、臣の卑鄙なるを以てせず、

猥に自ら枉屈し、

三たび臣を草廬の中に顧み、

臣に当世の事を以て諮うに、

是れに由りて感激し、

遂に先帝に許すに駆馳を以てせり。

後、傾覆に値い、

任を敗軍の際に受け、命を危難の間に奉ず。

爾来二十有一年なり・・・


先帝、臣の謹慎なるを知る。


故に崩ずるに臨みて、

臣に寄するに大事を以てしたまえり・・・

命を受けて以来、夙夜憂歎し、託付の効あらずして、

以て先帝の明を傷つけんことを恐る。

故に五月濾を渡り、深く不毛に入れり。

今、南方已に定まり、兵甲已に足る。

当に三軍を奨率し、北のかた中原を定めん。

庶わくは、駑鈍を竭くし、姦凶を攘除し、

漢室を興復し、旧都に還さん・・・


此れ臣の先帝に報いて、

陛下に忠なる所以の職分なり。


斟酌損益し、進みて忠言を尽くすに至りては、

則ち攸之、禕、允の任なり。


願わくは陛下、

臣に託すに討賊興復の効を以てせよ。

効あらずんば、則ち臣の罪を治め、

以て先帝の霊に告げん・・・


若し興徳の言無くんば、

則ち攸之、禕、允等の慢りを責め、

以て其の咎を彰らかにせよ。


陛下亦宜しく自ら謀りて、

以て善道を諮諏し、

雅言を察納し、

深く先帝の遺詔を追うべし。



臣、恩を受けて感激に勝えず・・・



今当に遠く離るべし・・・



表に臨みて涕零し、言う所を知らず・・・








西暦二二七年五月

出師の表  



諸葛亮孔明 












388年01月|尹淵が官渡にて死去。享年51才(29日23時22分)
388年01月|大日本帝国領の大原を秦国が支配する。(29日23時15分)
388年01月|李充が濡須口にて死去。享年43才(29日23時10分)
387年11月|大日本帝国領の西河を秦国が支配する。(29日22時3分)
387年08月|大日本帝国領の平陽を秦国が支配する。(29日20時48分)
387年01月|辛商が北海にて死去。享年98才(29日17時29分)
387年01月|孟徳が柴桑にて死去。享年94才(29日17時13分)
387年01月|賈班が山越にて死去。享年74才(29日17時11分)
386年01月|周班が華容にて死去。享年53才(29日11時16分)
386年01月|曹匡が淮南にて死去。享年52才(29日11時16分)
385年01月|傅叡が襄陽にて死去。享年96才(29日6時59分)
385年01月|殷苗が南昌にて死去。享年67才(29日6時59分)
385年01月|胡商が平原にて死去。享年54才(29日6時59分)
384年01月|丁虎が成都にて死去。享年36才(28日23時33分)
384年01月|蔡昭が博望坡にて死去。享年57才(28日23時32分)
384年01月|沮融が徐州にて死去。享年72才(28日23時3分)
383年11月|秦国領の函谷関を黄布国が支配する。(28日22時46分)
383年10月|秦国領の弘農を黄布国が支配する。(28日22時42分)
383年09月|秦国領の長安を黄布国が支配する。(28日21時28分)
383年08月|秦国領の武関を黄布国が支配する。(28日20時51分)
383年01月|公孫定が安定にて死去。享年85才(28日17時42分)
383年01月|王和が白帝城にて死去。享年63才(28日17時42分)
383年01月|鄒礼が越雋にて死去。享年80才(28日17時42分)
383年01月|徐忠が宜陽にて死去。享年42才(28日17時42分)
383年01月|秦国領の斜谷を黄布国が支配する。(28日17時32分)
383年01月|李靖が長安にて死去。享年83才(28日17時32分)
383年01月|胡覇が大原にて死去。享年72才(28日17時32分)
383年01月|李徳が寿春にて死去。享年86才(28日17時22分)
383年01月|じいちゃんが雒城にて死去。享年86才(28日17時12分)
383年01月|蔡朗が長安にて死去。享年31才(28日17時6分)
383年01月|歩遺が陳留にて死去。享年40才(28日17時5分)
382年01月|閻演が永安にて死去。享年40才(28日11時16分)
382年01月|Cycloneが鄴にて死去。享年58才(28日11時11分)
382年01月|潘覇が涪城にて死去。享年46才(28日11時11分)
381年11月|秦国領の武関を黄布国が支配する。(28日10時31分)
381年05月|秦国領の五丈原を黄布国が支配する。(28日7時11分)
381年02月|秦国領の長安を黄布国が支配する。(28日7時7分)
381年01月|廖思が南皮にて死去。享年106才(28日6時59分)
381年01月|許柔が白狼山にて死去。享年101才(28日6時59分)
381年01月|糜翔が洛陽にて死去。享年83才(28日6時59分)
381年01月|韓匡が檀渓にて死去。享年105才(28日6時59分)
381年01月|牛宮が南郡にて死去。享年45才(28日6時59分)
381年01月|呉魴が官渡にて死去。享年78才(28日6時59分)
381年01月|孟が京口にて死去。享年94才(28日6時59分)
381年01月|文仁が郿塢にて死去。享年103才(28日6時59分)
381年01月|李魴が剣門関にて死去。享年82才(28日6時59分)
381年01月|宋延が五丈原にて死去。享年65才(28日6時59分)
380年03月|秦国領の長安を黄布国が支配する。(28日0時2分)
380年01月|簡浚が呉にて死去。享年59才(27日23時34分)
380年01月|ぜかましが彭城にて死去。享年61才(27日23時34分)
380年01月|夏義が落鳳坡にて死去。享年44才(27日23時34分)
380年01月|黄行が五丈原にて死去。享年55才(27日23時34分)
380年01月|甘温が襄陽にて死去。享年101才(27日23時34分)
379年12月|秦国領の斜谷を黄布国が支配する。(27日23時4分)
379年01月|ケ獲が濮陽にて死去。享年64才(27日17時18分)
378年09月|秦国領の剣客を黄布国が支配する。(27日15時21分)
378年01月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(27日11時29分)
378年01月|伊朗が巴城にて死去。享年92才(27日11時25分)
378年01月|魯然が大原にて死去。享年88才(27日11時22分)
378年01月|朱定が狄道にて死去。享年67才(27日11時22分)
378年01月|黄瑁が代県にて死去。享年44才(27日11時22分)
377年11月|秦国領の上庸を黄布国が支配する。(27日10時36分)
377年10月|秦国領の広漢を黄布国が支配する。(27日10時10分)
377年07月|秦国領の葭萌関を黄布国が支配する。(27日8時27分)
377年04月|じいちゃんが敗れた秦国に仕える。(27日7時47分)
377年04月|秦国領の閬中を黄布国が支配する。(27日7時47分)
377年03月|秦国領の梓潼を黄布国が支配する。(27日7時46分)
377年01月|殷翔が江夏にて死去。享年38才(27日7時45分)
377年01月|夏侯式が寿春にて死去。享年109才(27日7時45分)
377年01月|閻翔が街亭にて死去。享年82才(27日7時45分)
377年01月|尹芳が漢中にて死去。享年92才(27日7時45分)
376年11月|秦国領の落鳳坡を黄布国が支配する。(27日7時42分)
376年09月|秦国領の鄴を黄布国が支配する。(27日7時39分)
376年04月|厳恩が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|丁威が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|歩訓が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|郭儀が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|王和が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|胡商が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|伊朗が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|閻建が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|関義が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|孟温が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|夏侯靖が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|甘温が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|趙恩が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|田康が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|于然が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|じいちゃんが放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|徐徳が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|唐仁が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|魯異が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|沮融が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|陶粲が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|唐演が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|曹覬が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|傅豹が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|らん豚Fが放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|呉綱が放浪の身となる。(27日1時0分)
376年04月|五輪万歳国通算成績・・・254戦126勝91敗30分/占領3回/失陥2回であった。(27日1時0分)
376年04月|【滅亡】成都の地で五輪万歳国が秦国の物部建角に敗れ滅亡。(27日1時0分)
376年01月|曹定が零陵にて死去。享年41才(26日23時30分)
376年01月|孔粲が成都にて死去。享年49才(26日23時30分)
376年01月|鄒思が陳留にて死去。享年71才(26日23時30分)
376年01月|伍宜が虎牢関にて死去。享年59才(26日23時10分)
376年01月|荀苗が建業にて死去。享年82才(26日23時8分)
376年01月|宋咸が北海にて死去。享年58才(26日23時6分)
375年08月|五輪万歳国領の雒城を秦国が支配する。(26日20時53分)
375年08月|五輪万歳国領の峨眉山を黄布国が支配する。(26日20時52分)
375年08月|秦国領の陳留を黄布国が支配する。(26日20時50分)
375年06月|秦国領の南陽を黄布国が支配する。(26日19時48分)
375年01月|秦国領の綿竹関を黄布国が支配する。(26日17時32分)
375年01月|辛奉が界橋にて死去。享年26才(26日17時32分)
375年01月|張柔が界橋にて死去。享年74才(26日17時32分)
375年01月|全匡が西涼にて死去。享年56才(26日17時22分)
375年01月|ケ綱が成都にて死去。享年96才(26日17時22分)
375年01月|胡礼が牂柯にて死去。享年62才(26日17時12分)
375年01月|典演が建業にて死去。享年98才(26日17時12分)
374年05月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(26日13時44分)
374年01月|厳班が涪城にて死去。享年100才(26日11時51分)
374年01月|秦攸が新野にて死去。享年54才(26日11時51分)
374年01月|公孫隗が武関にて死去。享年93才(26日11時51分)
374年01月|周儀が上庸にて死去。享年29才(26日11時51分)
374年01月|丁当が雒城にて死去。享年94才(26日11時51分)
373年10月|秦国領の界橋を黄布国が支配する。(26日9時53分)
373年09月|秦国領の定陶を黄布国が支配する。(26日9時50分)
373年08月|秦国領の陳留を黄布国が支配する。(26日8時57分)
373年04月|秦国領の許昌を黄布国が支配する。(26日7時6分)
373年03月|秦国領の潁川を黄布国が支配する。(26日6時31分)
373年02月|秦国領の南陽を黄布国が支配する。(26日6時30分)
373年01月|程叡が江陵にて死去。享年27才(26日6時29分)
373年01月|秦国領の落鳳坡を黄布国が支配する。(26日6時29分)
373年01月|秦国領の虎牢関を黄布国が支配する。(26日6時29分)
373年01月|夏侯靖が麦城にて死去。享年96才(26日6時29分)
373年01月|華佗が京口にて死去。享年62才(26日6時29分)
373年01月|厳が上庸にて死去。享年57才(26日6時29分)
372年12月|秦国領の梓潼を黄布国が支配する。(26日5時50分)
372年08月|秦国領の永安を黄布国が支配する。(26日2時34分)
372年06月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(26日1時41分)
372年01月|毛苗が綿竹関にて死去。享年60才(25日23時28分)
372年01月|蒋苗が西河にて死去。享年30才(25日23時28分)
372年01月|関玄が落鳳坡にて死去。享年69才(25日23時17分)
371年12月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(25日22時46分)
371年11月|秦国領の上庸を黄布国が支配する。(25日22時4分)
371年10月|秦国領の広漢を黄布国が支配する。(25日21時40分)
371年09月|秦国領の樊城を黄布国が支配する。(25日21時23分)
371年09月|秦国領の葭萌関を黄布国が支配する。(25日21時16分)
371年08月|秦国領の閬中を黄布国が支配する。(25日20時41分)
371年05月|秦国領の新野を黄布国が支配する。(25日19時21分)
371年02月|秦国領の宛を黄布国が支配する。(25日17時54分)
371年01月|張演が長坂坡にて死去。享年91才(25日17時34分)
371年01月|秦国領の博望坡を黄布国が支配する。(25日17時18分)
371年01月|陳恩が雒城にて死去。享年53才(25日17時16分)
370年01月|越斉が雒城にて死去。享年84才(25日11時23分)
370年01月|韋勝が函谷関にて死去。享年48才(25日11時23分)
369年09月|秦国領の陳留を黄布国が支配する。(25日9時19分)
369年09月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(25日9時13分)
369年06月|秦国領の陳を黄布国が支配する。(25日9時9分)
369年03月|秦国領の檀渓を黄布国が支配する。(25日9時7分)
369年03月|秦国領の永安を黄布国が支配する。(25日9時6分)
369年02月|秦国領の新野を黄布国が支配する。(25日9時4分)
369年01月|霍攸が河南にて死去。享年37才(25日8時4分)
369年01月|秦国領の宛を黄布国が支配する。(25日8時3分)
369年01月|韋苗が赤壁にて死去。享年99才(25日8時3分)
369年01月|田康が夷陵にて死去。享年66才(25日8時3分)
369年01月|楊然が陳倉にて死去。享年99才(25日8時3分)
368年12月|秦国領の許昌を黄布国が支配する。(25日7時18分)
368年12月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(25日7時18分)
368年11月|秦国領の博望坡を黄布国が支配する。(25日7時17分)
368年06月|秦国領の陳留を黄布国が支配する。(25日2時55分)
368年05月|秦国領の虎牢関を黄布国が支配する。(25日1時56分)
368年04月|秦国領の南陽を黄布国が支配する。(25日1時40分)
368年03月|秦国領の上庸を黄布国が支配する。(25日0時1分)
368年02月|秦国領の広漢を黄布国が支配する。(24日23時34分)
368年01月|陸恵が鳥林にて死去。享年85才(24日23時33分)
368年01月|郭儀が樊城にて死去。享年108才(24日23時33分)
368年01月|梁仁が平陽にて死去。享年85才(24日23時33分)
368年01月|秦国領の潁川を黄布国が支配する。(24日23時33分)
368年01月|辛然が雒城にて死去。享年36才(24日23時15分)
367年12月|秦国領の許昌を黄布国が支配する。(24日23時5分)
367年08月|秦国領の譙を黄布国が支配する。(24日20時57分)
367年07月|秦国領の梓潼を黄布国が支配する。(24日20時7分)
367年06月|秦国領の定陶を黄布国が支配する。(24日19時54分)
367年05月|秦国領の陳留を黄布国が支配する。(24日19時23分)
367年03月|秦国領の閬中を黄布国が支配する。(24日19時2分)
367年02月|秦国領の葭萌関を黄布国が支配する。(24日18時15分)
367年01月|魯魴が江州にて死去。享年91才(24日18時15分)
367年01月|厳恩が小沛にて死去。享年44才(24日18時15分)
367年01月|沮咸が剣客にて死去。享年77才(24日18時15分)
367年01月|荀隗が皖城にて死去。享年38才(24日18時15分)
367年01月|蒋章が城陽にて死去。享年52才(24日18時15分)
367年01月|司馬朗が陳にて死去。享年52才(24日18時14分)
366年11月|秦国領の官渡を黄布国が支配する。(24日16時31分)
366年10月|秦国領の鄴を黄布国が支配する。(24日16時18分)
366年01月|夏侯覬が巴城にて死去。享年98才(24日11時27分)
366年01月|厳魴が桂陽にて死去。享年84才(24日11時21分)
366年01月|秦演が襄陽にて死去。享年102才(24日11時21分)
366年01月|蔡朗が江陽にて死去。享年55才(24日11時21分)
366年01月|伊定が長安にて死去。享年55才(24日11時21分)
365年09月|秦国領の譙を黄布国が支配する。(24日9時26分)
365年07月|秦国領の小沛を黄布国が支配する。(24日8時32分)
365年06月|秦国領の定陶を黄布国が支配する。(24日8時21分)
365年05月|秦国領の陳留を黄布国が支配する。(24日7時23分)
365年04月|秦国領の官渡を黄布国が支配する。(24日7時15分)
365年03月|秦国領の鄴を黄布国が支配する。(24日7時14分)
365年01月|丁虎が襄陽にて死去。享年90才(24日6時12分)
365年01月|宋定が夏口にて死去。享年89才(24日6時12分)
365年01月|陳度が皖城にて死去。享年74才(24日6時12分)
365年01月|辛奉が平陽にて死去。享年86才(24日6時12分)
365年01月|糜宜が江州にて死去。享年62才(24日6時12分)
365年01月|荀融が河南にて死去。享年60才(24日6時12分)
365年01月|趙匡胤が虎牢関にて死去。享年27才(24日6時12分)
365年01月|唐仁が洛陽にて死去。享年75才(24日6時12分)
365年01月|辛靖が天水にて死去。享年87才(24日6時12分)
365年01月|李充が函谷関にて死去。享年48才(24日6時12分)
365年01月|越班が汝南にて死去。享年95才(24日6時12分)
365年01月|傅豹が成都にて死去。享年71才(24日6時12分)
364年06月|秦国領の広漢を黄布国が支配する。(24日1時40分)
364年01月|尹斉が西河にて死去。享年94才(23日23時35分)
364年01月|秦国領の葭萌関を黄布国が支配する。(23日23時29分)
363年01月|徐章が桂陽にて死去。享年76才(23日17時48分)
363年01月|薛宮が徐州にて死去。享年52才(23日17時20分)
363年01月|韋勝が許昌にて死去。享年75才(23日17時20分)
363年01月|陶隗が安定にて死去。享年34才(23日17時19分)
362年03月|秦国領の陳留を黄布国が支配する。(23日12時43分)
362年01月|秦国領の官渡を黄布国が支配する。(23日11時31分)
362年01月|関義が柴桑にて死去。享年91才(23日11時31分)
362年01月|閻演が平陽にて死去。享年64才(23日11時31分)
362年01月|伍烈が江夏にて死去。享年32才(23日11時31分)
361年03月|大日本帝国領の平陽を黄布国が支配する。(23日7時13分)
361年01月|孔遂が襄陽にて死去。享年83才(23日6時55分)
361年01月|劉匡が西塞山にて死去。享年38才(23日6時55分)
361年01月|左衛門が上党にて死去。享年94才(23日6時55分)
360年11月|秦国領の鄴を黄布国が支配する。(23日5時56分)
360年06月|秦国領の界橋を黄布国が支配する。(23日1時58分)
360年03月|秦国領の鄴を黄布国が支配する。(23日0時33分)
360年02月|秦国領の官渡を黄布国が支配する。(23日0時2分)
360年01月|程叡が綿竹関にて死去。享年87才(22日23時29分)
360年01月|韋虎が長沙にて死去。享年84才(22日23時17分)
360年01月|周儀が下弁にて死去。享年51才(22日23時7分)
359年09月|秦国領の汝陰を黄布国が支配する。(22日21時19分)
359年05月|秦国領の平原を黄布国が支配する。(22日19時16分)
359年04月|秦国領の虎牢関を黄布国が支配する。(22日19時0分)
359年01月|徐忠が下弁にて死去。享年40才(22日17時34分)
359年01月|司馬虎が壷関にて死去。享年102才(22日17時34分)
359年01月|公孫楙が宛にて死去。享年70才(22日17時12分)
359年01月|趙忠が許昌にて死去。享年98才(22日17時12分)
359年01月|歩忠が荊州城にて死去。享年42才(22日17時12分)
358年01月|公孫勝が界橋にて死去。享年42才(22日11時28分)
358年01月|廖咸が華容にて死去。享年87才(22日11時24分)
358年01月|蒋苗が洛陽にて死去。享年28才(22日11時20分)
358年01月|荀斉が襄陽にて死去。享年81才(22日11時10分)
358年01月|歩遺が下弁にて死去。享年71才(22日11時10分)
357年06月|秦国領の寿春を黄布国が支配する。(22日8時3分)
357年05月|秦国領の淮南を黄布国が支配する。(22日7時23分)
357年04月|秦国領の汝陰を黄布国が支配する。(22日7時17分)
357年03月|秦国領の下邳を黄布国が支配する。(22日7時15分)
357年03月|秦国領の譙を黄布国が支配する。(22日6時13分)
357年01月|唐攸が江陽にて死去。享年35才(22日5時43分)
357年01月|ケが成都にて死去。享年85才(22日5時43分)
357年01月|孔晃が宛にて死去。享年32才(22日5時15分)
357年01月|廖尚が広漢にて死去。享年50才(22日5時15分)
357年01月|潘宇が梓潼にて死去。享年67才(22日5時15分)
357年01月|陶粲が江夏にて死去。享年106才(22日5時15分)
356年12月|秦国領の譙を黄布国が支配する。(22日4時46分)
356年11月|秦国領の小沛を黄布国が支配する。(22日4時22分)
356年09月|徐徳が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|荀苗が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|魯異が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|丁当が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|薛和が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|丁威が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|宋定が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|歩訓が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|梁仁が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|孔粲が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|ケが放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|胡商が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|薛宮が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|伊朗が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|陳恩が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|韋虎が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|甘温が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|関玄が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|秦演が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|孔遂が放浪の身となる。(22日3時15分)
356年09月|呉国通算成績・・・123戦49勝12敗49分/占領6回/失陥1回であった。(22日3時15分)
356年09月|【滅亡】濮陽の地で呉国が秦国の秦演に敗れ滅亡。(22日3時15分)
356年02月|秦国領の小沛を黄布国が支配する。(21日23時51分)
356年01月|馬芳が夏口にて死去。享年46才(21日23時29分)
356年01月|閻建が新興にて死去。享年48才(21日23時17分)
355年10月|呉国領の平原を黄布国が支配する。(21日22時6分)
355年01月|物部建角が柴桑にて死去。享年33才(21日17時33分)
355年01月|呉綱が白馬にて死去。享年83才(21日17時33分)
355年01月|嬴政が14才で秦国の君主を継ぐ。(21日17時33分)
355年01月|【崩御】秦国の君主「嬴政」が崩御。享年28才(21日17時33分)
355年01月|曹定が麦城にて死去。享年40才(21日17時33分)
355年01月|潘商が江陽にて死去。享年42才(21日17時33分)
355年01月|梁演が城陽にて死去。享年67才(21日17時33分)
355年01月|紀朗が西河にて死去。享年83才(21日17時33分)
355年01月|毛宝が平陽にて死去。享年105才(21日17時13分)
354年09月|薛宮が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|伊朗が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|黄行が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|陳恩が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|韋虎が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|甘温が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|関玄が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|秦演が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|孔遂が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|典演が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|毛宝が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|荀苗が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|左衛門が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|魯異が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|丁当が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|薛和が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|廖思が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|丁威が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|宋定が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|歩訓が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|紀朗が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|夏侯式が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|ケが放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|甘瑁が放浪の身となる。(21日15時21分)
354年09月|朱国通算成績・・・908戦335勝236敗74分/占領131回/失陥64回であった。(21日15時21分)
354年09月|【滅亡】南昌の地で朱国が秦国の甘瑁に敗れ滅亡。(21日15時21分)
354年08月|朱国領の山越を秦国が支配する。(21日14時59分)
354年08月|朱国領の皖城を秦国が支配する。(21日14時51分)
354年06月|秦国領の皖城を朱国が支配する。(21日13時34分)
354年05月|朱国領の建安を秦国が支配する。(21日13時30分)
354年03月|朱国領の皖城を秦国が支配する。(21日12時16分)
354年03月|大日本帝国領の平陽を黄布国が支配する。(21日12時15分)
354年01月|孟温が南昌にて死去。享年44才(21日11時22分)
354年01月|歩当が平陽にて死去。享年75才(21日11時22分)
354年01月|衛允が安定にて死去。享年40才(21日11時22分)
354年01月|典豹が平原にて死去。享年43才(21日11時22分)
353年08月|秦国領の皖城を朱国が支配する。(21日9時29分)
353年06月|秦国領の南昌を朱国が支配する。(21日7時36分)
353年01月|霍定が虎牢関にて死去。享年85才(21日7時6分)
353年01月|殷翔が陳留にて死去。享年53才(21日7時6分)
353年01月|公孫隗が五丈原にて死去。享年92才(21日7時6分)
353年01月|夏侯遺が平原にて死去。享年70才(21日7時6分)
353年01月|尹淵が成都にて死去。享年81才(21日7時6分)
353年01月|夏義が広漢にて死去。享年96才(21日7時6分)
353年01月|牛宮が漢中にて死去。享年58才(21日7時6分)
352年11月|秦国領の建業を黄布国が支配する。(21日6時57分)
352年08月|秦国領の建安を朱国が支配する。(21日3時0分)
352年01月|霍攸が巴城にて死去。享年39才(20日23時31分)
352年01月|周班が汝陰にて死去。享年41才(20日23時26分)
352年01月|于然が五丈原にて死去。享年88才(20日23時14分)
352年01月|黄瑁が襄陽にて死去。享年88才(20日23時8分)
352年01月|趙匡胤が長安にて死去。享年85才(20日23時8分)
352年01月|虞盛が赤壁にて死去。享年104才(20日23時8分)
352年01月|潘覇が襄平にて死去。享年59才(20日23時8分)
352年01月|曹覬が襄陽にて死去。享年62才(20日23時8分)
351年07月|秦国領の西塞山を黄布国が支配する。(20日20時12分)
351年01月|尹康が西塞山にて死去。享年45才(20日17時21分)
351年01月|劉斉が成都にて死去。享年95才(20日17時7分)
350年10月|秦国領の夏口を黄布国が支配する。(20日16時17分)
350年04月|秦国領の長坂坡を黄布国が支配する。(20日12時50分)
350年01月|秦国領の江夏を黄布国が支配する。(20日11時38分)
350年01月|魏翔が汝南にて死去。享年33才(20日11時38分)
350年01月|曹匡が峨眉山にて死去。享年62才(20日11時38分)
350年01月|伍烈が長坂坡にて死去。享年62才(20日11時38分)
349年12月|朱国領の建安を秦国が支配する。(20日10時56分)
349年09月|秦国領の建安を朱国が支配する。(20日9時6分)
349年01月|丁虎が柴桑にて死去。享年99才(20日7時54分)
348年01月|蔡班が江陽にて死去。享年49才(19日23時20分)
348年01月|陶隗が成都にて死去。享年45才(19日23時20分)
347年08月|朱国領の南昌を秦国が支配する。(19日20時45分)
347年07月|朱国領の建安を秦国が支配する。(19日20時32分)
347年07月|朱国領の皖城を秦国が支配する。(19日20時16分)
347年06月|朱国領の会稽を秦国が支配する。(19日19時59分)
347年04月|秦国領の皖城を朱国が支配する。(19日18時43分)
347年03月|朱国領の呉を秦国が支配する。(19日18時20分)
347年03月|秦国領の南昌を朱国が支配する。(19日18時9分)
347年01月|朱国領の京口を秦国が支配する。(19日17時30分)
347年01月|丁温が薊にて死去。享年112才(19日17時23分)
347年01月|程配が薊にて死去。享年41才(19日17時19分)
347年01月|周班が譙にて死去。享年105才(19日17時19分)
346年12月|秦国領の京口を朱国が支配する。(19日16時36分)
346年11月|秦国領の淮陰を黄布国が支配する。(19日16時22分)
346年10月|秦国領の呉を朱国が支配する。(19日15時35分)
346年07月|朱国領の呉を秦国が支配する。(19日14時15分)
346年06月|秦国領の赤壁を黄布国が支配する。(19日13時51分)
346年04月|秦国領の呉を朱国が支配する。(19日12時47分)
346年01月|薛然が巴城にて死去。享年76才(19日11時36分)
346年01月|簡胤が長安にて死去。享年84才(19日11時36分)
346年01月|孔粲が江州にて死去。享年91才(19日11時36分)
346年01月|胡商が桂陽にて死去。享年78才(19日11時36分)
346年01月|全盛が江陵にて死去。享年37才(19日11時19分)
346年01月|蔡昭が函谷関にて死去。享年69才(19日11時17分)
346年01月|厳浚が西塞山にて死去。享年27才(19日11時17分)
346年01月|魏恩が下弁にて死去。享年96才(19日11時17分)
346年01月|魏和が淮南にて死去。享年108才(19日11時16分)
346年01月|辛然が平陽にて死去。享年64才(19日11時16分)
345年01月|陶威が江州にて死去。享年60才(19日5時29分)
345年01月|荀隗が譙にて死去。享年31才(19日5時29分)
345年01月|李覇が五丈原にて死去。享年40才(19日5時9分)
344年01月|朱国領の呉を秦国が支配する。(18日23時29分)
344年01月|甘瑁が江陵にて死去。享年72才(18日23時22分)
344年01月|蒋苗が寿春にて死去。享年90才(18日23時20分)
344年01月|朱国領の南昌を秦国が支配する。(18日23時14分)
344年01月|馬延が易京にて死去。享年93才(18日23時12分)
344年01月|全豹が北海にて死去。享年31才(18日23時8分)
344年01月|Cycloneが秦国に仕官する。(18日23時4分)
343年12月|朱国領の淮陰を秦国が支配する。(18日23時0分)
343年12月|朱国領の京口を秦国が支配する。(18日22時59分)
343年12月|朱国領の合肥を秦国が支配する。(18日22時55分)
343年11月|朱国領の建業を秦国が支配する。(18日22時30分)
343年09月|朱国領の濡須口を秦国が支配する。(18日21時30分)
343年05月|朱国領の淮陰を黄布国が支配する。(18日19時3分)
343年01月|嬴政が16才で秦国の君主を継ぐ。(18日17時28分)
343年01月|【崩御】秦国の君主「嬴政」が崩御。享年49才(18日17時28分)
342年05月|朱国領の長坂坡を秦国が支配する。(18日13時15分)
342年04月|朱国領の夏口を秦国が支配する。(18日12時57分)
342年04月|朱国領の寿春を黄布国が支配する。(18日12時33分)
342年03月|朱国領の江夏を秦国が支配する。(18日12時14分)
342年02月|朱国領の西塞山を秦国が支配する。(18日11時51分)
342年01月|歩訓が大原にて死去。享年29才(18日11時31分)
342年01月|殷礼が易京にて死去。享年94才(18日11時20分)
342年01月|郭苗が汝陰にて死去。享年90才(18日11時16分)
342年01月|朱国領の廬江を秦国が支配する。(18日11時15分)
342年01月|孔晃が譙にて死去。享年59才(18日11時15分)
341年04月|朱国領の合肥を黄布国が支配する。(18日7時0分)
341年04月|秦国領の江夏を朱国が支配する。(18日7時0分)
341年01月|雷固が潼関にて死去。享年68才(18日6時55分)
341年01月|黄行が襄陽にて死去。享年50才(18日6時55分)
341年01月|秦国領の西塞山を朱国が支配する。(18日6時54分)
340年11月|秦国領の廬江を朱国が支配する。(18日6時51分)
340年09月|秦国領の濡須口を朱国が支配する。(18日6時48分)
340年05月|朱国領の濡須口を秦国が支配する。(18日1時20分)
340年05月|秦国領の南昌を朱国が支配する。(18日1時5分)
340年01月|朱国領の廬江を秦国が支配する。(17日23時30分)
340年01月|朱国領の南昌を秦国が支配する。(17日23時30分)
340年01月|秦国領の廬江を朱国が支配する。(17日23時17分)
340年01月|劉匡が柴桑にて死去。享年46才(17日23時9分)
339年12月|朱国領の皖城を秦国が支配する。(17日23時1分)
339年12月|秦国領の皖城を朱国が支配する。(17日22時35分)
339年11月|秦国領の南昌を朱国が支配する。(17日22時22分)
339年09月|秦国領の濡須口を朱国が支配する。(17日21時6分)
339年08月|朱国領の南昌を秦国が支配する。(17日20時45分)
339年07月|朱国領の皖城を秦国が支配する。(17日20時15分)
339年07月|秦国領の皖城を朱国が支配する。(17日20時5分)
339年06月|朱国領の濡須口を秦国が支配する。(17日19時59分)
339年04月|秦国領の南昌を朱国が支配する。(17日19時7分)
339年01月|厳恩が壷関にて死去。享年32才(17日17時33分)
339年01月|尹仁が陳留にて死去。享年72才(17日17時33分)
339年01月|全匡が鳥林にて死去。享年63才(17日17時23分)
338年09月|朱国領の南昌を秦国が支配する。(17日15時33分)
338年08月|秦国領の檀渓を黄布国が支配する。(17日14時42分)
338年06月|朱国領の合肥を黄布国が支配する。(17日13時39分)
338年02月|朱国領の淮南を黄布国が支配する。(17日11時41分)
338年01月|朱国領の皖城を秦国が支配する。(17日11時29分)
338年01月|夏温が濮陽にて死去。享年91才(17日11時27分)
338年01月|殷苗が陳留にて死去。享年44才(17日11時22分)
338年01月|徐忠が剣客にて死去。享年93才(17日11時22分)
338年01月|秦国領の皖城を朱国が支配する。(17日11時22分)
338年01月|朱国領の皖城を秦国が支配する。(17日11時21分)
338年01月|韋勝が白狼山にて死去。享年109才(17日11時21分)
337年12月|秦国領の皖城を朱国が支配する。(17日11時3分)
337年12月|朱国領の皖城を秦国が支配する。(17日10時48分)
337年12月|秦国領の皖城を朱国が支配する。(17日10時40分)
337年11月|秦国領の濡須口を朱国が支配する。(17日10時18分)
337年11月|秦国領の新野を黄布国が支配する。(17日10時8分)
337年05月|秦国領の夏口を黄布国が支配する。(17日7時33分)
337年01月|らん豚Fが新興にて死去。享年33才(17日7時7分)
337年01月|簡浚が雒城にて死去。享年76才(17日7時7分)
337年01月|唐攸が長安にて死去。享年49才(17日7時7分)
337年01月|魏翔が洛陽にて死去。享年55才(17日7時7分)
337年01月|宋咸が檀渓にて死去。享年70才(17日7時7分)
337年01月|歩忠が山越にて死去。享年94才(17日7時7分)
337年01月|秦国領の長坂坡を黄布国が支配する。(17日7時6分)
336年05月|朱国領の濡須口を秦国が支配する。(17日1時17分)
336年05月|朱国領の汝陰を黄布国が支配する。(17日1時17分)
336年04月|朱国領の譙を黄布国が支配する。(17日0時46分)
336年03月|朱国領の廬江を秦国が支配する。(17日0時25分)
336年02月|朱国領の西塞山を秦国が支配する。(17日0時3分)
336年01月|華勝が廬江にて死去。享年45才(16日23時32分)
336年01月|朱国領の皖城を秦国が支配する。(16日23時31分)
336年01月|物部建角が柴桑にて死去。享年59才(16日23時31分)
336年01月|荀班が西平にて死去。享年88才(16日23時31分)
336年01月|公孫勝が平原にて死去。享年56才(16日23時31分)
336年01月|蔡咸が下弁にて死去。享年68才(16日23時16分)
336年01月|宋延が易京にて死去。享年100才(16日23時6分)
335年12月|朱国領の柴桑を秦国が支配する。(16日23時5分)
335年11月|朱国領の赤壁を秦国が支配する。(16日22時18分)
335年06月|朱国領の汝陰を黄布国が支配する。(16日19時39分)
335年05月|秦国領の赤壁を朱国が支配する。(16日19時28分)
335年05月|朱国領の譙を黄布国が支配する。(16日19時9分)
335年04月|朱国領の赤壁を秦国が支配する。(16日19時2分)
335年01月|許演が建業にて死去。享年64才(16日17時33分)
335年01月|ぜかましが麦城にて死去。享年35才(16日17時27分)
335年01月|王和が華容にて死去。享年48才(16日17時25分)
335年01月|李然が定陶にて死去。享年100才(16日17時21分)
335年01月|蒋章が武都にて死去。享年94才(16日17時20分)
335年01月|秦攸が陽平関にて死去。享年37才(16日17時20分)
334年01月|陸黙が江夏にて死去。享年50才(16日11時22分)
334年01月|許然が白狼山にて死去。享年69才(16日11時19分)
334年01月|陳恩が定軍山にて死去。享年88才(16日11時19分)
334年01月|司馬朗が長安にて死去。享年59才(16日11時11分)
334年01月|伍宜が赤壁にて死去。享年67才(16日11時10分)
333年10月|秦国領の西塞山を朱国が支配する。(16日10時11分)
333年01月|荀隗が河内にて死去。享年46才(16日6時40分)
333年01月|ケ獲が上庸にて死去。享年51才(16日6時40分)
333年01月|厳浚が南昌にて死去。享年83才(16日6時40分)
333年01月|厳が麦城にて死去。享年58才(16日6時40分)
333年01月|李充が子午谷にて死去。享年92才(16日6時40分)
332年09月|朱国領の譙を黄布国が支配する。(16日3時42分)
332年03月|秦国領の赤壁を朱国が支配する。(16日0時37分)
332年02月|秦国領の樊城を黄布国が支配する。(16日0時0分)
332年01月|全豹が大原にて死去。享年100才(15日23時13分)
331年12月|秦国領の長坂坡を黄布国が支配する。(15日23時10分)
331年03月|秦国領の夷陵を黄布国が支配する。(15日18時58分)
331年01月|夏侯固が武関にて死去。享年35才(15日17時53分)
331年01月|胡礼が上庸にて死去。享年41才(15日17時53分)
331年01月|朱定が陳倉にて死去。享年98才(15日17時53分)
331年01月|黄靖が陽平関にて死去。享年43才(15日17時53分)
330年12月|秦国領の宛を黄布国が支配する。(15日16時48分)
330年09月|秦国領の交趾を黄布国が支配する。(15日15時15分)
330年08月|朱国領の赤壁を秦国が支配する。(15日14時59分)
330年06月|秦国領の江陵を黄布国が支配する。(15日13時45分)
330年05月|秦国領の武陵を黄布国が支配する。(15日13時14分)
330年02月|秦国領の南郡を黄布国が支配する。(15日11時45分)
330年01月|霍攸が牂柯にて死去。享年75才(15日11時29分)
330年01月|毛苗が鄴にて死去。享年42才(15日11時29分)
330年01月|周班が南陽にて死去。享年52才(15日11時29分)
330年01月|秦国領の荊州城を黄布国が支配する。(15日11時28分)
330年01月|賈班が廬江にて死去。享年64才(15日11時28分)
330年01月|梁配が江陵にて死去。享年53才(15日11時28分)
330年01月|紀尚が武威にて死去。享年62才(15日11時28分)
329年03月|秦国領の合肥を朱国が支配する。(15日6時38分)
329年02月|秦国領の濡須口を朱国が支配する。(15日6時25分)
329年01月|曹定が陰平にて死去。享年72才(15日6時25分)
329年01月|潘商が潁川にて死去。享年72才(15日6時25分)
329年01月|胡覇が平陽にて死去。享年66才(15日6時25分)
329年01月|衛允が譙にて死去。享年37才(15日6時25分)
329年01月|夏宮が葭萌関にて死去。享年42才(15日6時25分)
328年12月|秦国領の廬江を朱国が支配する。(15日6時24分)
328年09月|秦国領の赤壁を朱国が支配する。(15日3時30分)
328年07月|朱国領の合肥を秦国が支配する。(15日2時31分)
328年06月|朱国領の濡須口を秦国が支配する。(15日1時56分)
328年05月|朱国領の廬江を秦国が支配する。(15日1時36分)
328年04月|朱国領の淮陰を黄布国が支配する。(15日0時45分)
328年02月|朱国領の西塞山を秦国が支配する。(14日23時54分)
328年02月|朱国領の赤壁を秦国が支配する。(14日23時52分)
328年01月|孟温が漢中にて死去。享年75才(14日23時15分)
328年01月|秦国領の赤壁を朱国が支配する。(14日23時15分)
328年01月|蔡朗が西涼にて死去。享年96才(14日23時7分)
328年01月|周儀が剣門関にて死去。享年106才(14日23時6分)
327年12月|朱国領の赤壁を秦国が支配する。(14日22時56分)
327年11月|秦国領の西塞山を朱国が支配する。(14日22時11分)
327年09月|秦国領の白帝城を黄布国が支配する。(14日21時28分)
327年08月|朱国領の西塞山を秦国が支配する。(14日20時45分)
327年05月|秦国領の赤壁を朱国が支配する。(14日19時26分)
327年03月|秦国領の西塞山を朱国が支配する。(14日18時5分)
327年01月|丁威が建安にて死去。享年70才(14日17時28分)
327年01月|歩訓が宜陽にて死去。享年91才(14日17時28分)
327年01月|薛宮が上党にて死去。享年67才(14日17時28分)
327年01月|全盛が閬中にて死去。享年104才(14日17時28分)
327年01月|秦国領の廬江を朱国が支配する。(14日17時9分)
327年01月|雷然が濮陽にて死去。享年69才(14日17時5分)
327年01月|典豹が零陵にて死去。享年81才(14日17時5分)
327年01月|沮融が新興にて死去。享年108才(14日17時5分)
326年12月|朱国領の廬江を秦国が支配する。(14日17時0分)
326年09月|朱国領の赤壁を秦国が支配する。(14日15時19分)
326年08月|秦国領の赤壁を朱国が支配する。(14日14時39分)
326年07月|秦国領の永安を黄布国が支配する。(14日14時13分)
326年06月|朱国領の赤壁を秦国が支配する。(14日13時58分)
326年04月|秦国領の漢中を黄布国が支配する。(14日12時54分)
326年01月|馬芳が易京にて死去。享年89才(14日11時24分)
326年01月|尹康が界橋にて死去。享年52才(14日11時19分)
326年01月|閻建が赤壁にて死去。享年108才(14日11時19分)
326年01月|伊定が西河にて死去。享年73才(14日11時6分)
325年10月|秦国領の赤壁を朱国が支配する。(14日9時42分)
325年08月|朱国領の西塞山を秦国が支配する。(14日9時0分)
325年08月|朱国領の赤壁を秦国が支配する。(14日9時0分)
325年06月|秦国領の西塞山を朱国が支配する。(14日7時35分)
325年03月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(14日7時7分)
325年01月|華佗が淮南にて死去。享年108才(14日7時4分)
325年01月|蒋続が江夏にて死去。享年55才(14日7時4分)
325年01月|糜儀が街亭にて死去。享年38才(14日7時4分)
325年01月|魯訓が安定にて死去。享年55才(14日7時4分)
324年06月|秦国領の赤壁を朱国が支配する。(14日1時53分)
324年05月|朱国領の赤壁を秦国が支配する。(14日1時18分)
324年04月|秦国領の赤壁を朱国が支配する。(14日0時35分)
324年03月|朱国領の西塞山を秦国が支配する。(14日0時15分)
324年02月|朱国領の赤壁を秦国が支配する。(14日0時0分)
324年01月|朱国領の江夏を秦国が支配する。(13日23時32分)
324年01月|潘覇が桂陽にて死去。享年77才(13日23時3分)
323年12月|朱国領の夏口を秦国が支配する。(13日23時0分)
323年01月|鄒礼が南皮にて死去。享年40才(13日17時31分)
323年01月|陶隗が成都にて死去。享年71才(13日17時19分)
323年01月|伊柔が落鳳坡にて死去。享年59才(13日17時19分)
323年01月|呂布奉先が17才で大日本帝国の君主を継ぐ。(13日17時18分)
323年01月|【崩御】大日本帝国の君主「呂布奉先」が崩御。享年94才(13日17時18分)
323年01月|徐徳が広漢にて死去。享年56才(13日17時18分)
323年01月|程配が潁川にて死去。享年87才(13日17時18分)
323年01月|廖尚が五丈原にて死去。享年108才(13日17時11分)
322年01月|厳恩が赤壁にて死去。享年110才(13日11時55分)
322年01月|伊隗が柴桑にて死去。享年80才(13日11時55分)
322年01月|じんがが雒城にて死去。享年51才(13日11時55分)
322年01月|魯異が上党にて死去。享年107才(13日11時55分)
320年02月|朱国領の長坂坡を秦国が支配する。(12日23時45分)
320年01月|鄒思が成都にて死去。享年100才(12日23時21分)
320年01月|糜宜が平陽にて死去。享年33才(12日23時21分)
320年01月|鄭勝が宜陽にて死去。享年73才(12日23時8分)
319年08月|秦国領の長坂坡を朱国が支配する。(12日20時45分)
319年01月|関玄が夷陵にて死去。享年68才(12日17時34分)
319年01月|蒋苗が永安にて死去。享年49才(12日17時34分)
319年01月|荀融が襄陽にて死去。享年109才(12日17時34分)
319年01月|李覇が漢中にて死去。享年68才(12日17時34分)
318年01月|らん豚Fが鳥林にて死去。享年95才(12日11時40分)
318年01月|李靖が襄陽にて死去。享年89才(12日11時40分)
318年01月|蔡班が襄陽にて死去。享年66才(12日11時40分)
318年01月|田康が襄陽にて死去。享年73才(12日11時16分)
318年01月|呉魴が呉にて死去。享年45才(12日11時16分)
317年01月|薛和が赤壁にて死去。享年34才(12日5時40分)
317年01月|張柔が牂柯にて死去。享年90才(12日5時20分)
317年01月|閻演が長安にて死去。享年97才(12日5時20分)
317年01月|秦攸が天水にて死去。享年32才(12日5時20分)
316年01月|殷翔が建業にて死去。享年96才(11日23時27分)
315年03月|秦国領の祀山を黄布国が支配する。(11日18時21分)
315年01月|公孫定が安定にて死去。享年76才(11日17時38分)
315年01月|李魴が夏口にて死去。享年49才(11日17時7分)
314年01月|ぜかましが檀渓にて死去。享年87才(11日11時27分)
314年01月|李徳が柴桑にて死去。享年90才(11日11時16分)
314年01月|荀苗が薊にて死去。享年35才(11日11時8分)
313年04月|秦国領の下弁を黄布国が支配する。(11日6時59分)
313年01月|糜翔が街亭にて死去。享年83才(11日6時42分)
312年12月|秦国領の剣客を黄布国が支配する。(11日4時59分)
312年01月|楊翔が譙にて死去。享年100才(10日23時11分)
312年01月|劉匡が梓潼にて死去。享年54才(10日23時11分)
312年01月|傅豹が平陽にて死去。享年89才(10日23時6分)
311年11月|朱国領の長坂坡を秦国が支配する。(10日22時13分)
311年08月|秦国領の長坂坡を朱国が支配する。(10日20時34分)
311年07月|朱国領の寿春を黄布国が支配する。(10日20時23分)
311年03月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(10日18時22分)
311年02月|秦国領の上庸を黄布国が支配する。(10日17時52分)
311年01月|華勝が界橋にて死去。享年91才(10日17時32分)
311年01月|殷苗が河南にて死去。享年93才(10日17時28分)
311年01月|秦国領の広漢を黄布国が支配する。(10日17時22分)
311年01月|じいちゃんが14才で五輪万歳国の君主を継ぐ。(10日17時12分)
311年01月|【崩御】五輪万歳国の君主「じいちゃん」が崩御。享年38才(10日17時12分)
311年01月|牛宮が成都にて死去。享年39才(10日17時12分)
311年01月|袁晃が河東にて死去。享年36才(10日17時2分)
310年12月|秦国領の葭萌関を黄布国が支配する。(10日16時50分)
310年01月|嬴政が16才で秦国の君主を継ぐ。(10日11時28分)
310年01月|【崩御】秦国の君主「秦王政」が崩御。享年82才(10日11時28分)
310年01月|夏侯固が上党にて死去。享年57才(10日11時23分)
310年01月|閻翔が弘農にて死去。享年65才(10日11時23分)
310年01月|唐演が赤壁にて死去。享年97才(10日11時23分)
309年12月|朱国領の廬江を黄布国が支配する。(10日11時21分)
309年10月|朱国領の合肥を黄布国が支配する。(10日9時44分)
309年08月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(10日8時45分)
309年07月|朱国領の皖城を黄布国が支配する。(10日8時35分)
309年01月|辛商が濡須口にて死去。享年43才(10日6時38分)
309年01月|衛允が新興にて死去。享年104才(10日6時38分)
308年12月|朱国領の汝陰を黄布国が支配する。(10日4時52分)
308年04月|朱国領の淮陰を黄布国が支配する。(10日0時52分)
308年01月|朱国領の長坂坡を秦国が支配する。(9日23時29分)
308年01月|梁演が樊城にて死去。享年28才(9日23時24分)
308年01月|韋勝が徐州にて死去。享年66才(9日23時22分)
308年01月|黄行が襄陽にて死去。享年106才(9日23時22分)
308年01月|胡礼が柴桑にて死去。享年90才(9日23時14分)
308年01月|曹匡が巴城にて死去。享年51才(9日23時8分)
308年01月|唐仁が合肥にて死去。享年99才(9日23時6分)
307年11月|秦国領の狄道を黄布国が支配する。(9日22時9分)
307年10月|秦国領の長坂坡を朱国が支配する。(9日21時34分)
307年09月|秦国領の天水を黄布国が支配する。(9日21時23分)
307年06月|物部建角が敗れた秦国に仕える。(9日19時40分)
307年05月|朱国領の下邳を黄布国が支配する。(9日19時15分)
307年01月|夏侯瑁が廬江にて死去。享年97才(9日18時1分)
307年01月|歩康が陳にて死去。享年89才(9日18時1分)
307年01月|荀隗が小沛にて死去。享年92才(9日18時0分)
307年01月|孟徳が界橋にて死去。享年102才(9日18時0分)
307年01月|伍烈が長沙にて死去。享年108才(9日18時0分)
307年01月|秦国領の五丈原を黄布国が支配する。(9日18時0分)
306年11月|秦国領の長坂坡を黄布国が支配する。(9日16時16分)
306年10月|朱国領の徐州を黄布国が支配する。(9日15時54分)
306年07月|曹定が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|殷翔が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|薛和が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|梁仁が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|夏侯式が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|ケが放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|李靖が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|薛宮が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|陶隗が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|伊朗が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|閻演が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|李徳が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|蒋苗が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|田康が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|荀融が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|衛允が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|伍宜が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|牛宮が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|毛宝が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|辛然が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|歩忠が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|伊定が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|李覇が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|李魴が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|丁当が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|丁虎が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|物部建角が放浪の身となる。(9日14時28分)
306年07月|奈良連邦国通算成績・・・351戦163勝99敗20分/占領34回/失陥6回であった。(9日14時28分)
306年07月|【滅亡】狄道の地で奈良連邦国が秦国の秦王政に敗れ滅亡。(9日14時28分)
306年06月|奈良連邦国領の天水を秦国が支配する。(9日13時59分)
306年06月|朱国領の寿春を黄布国が支配する。(9日13時50分)
306年05月|秦国領の長安を黄布国が支配する。(9日13時1分)
306年03月|朱国領の譙を黄布国が支配する。(9日12時16分)
306年03月|奈良連邦国領の長安を秦国が支配する。(9日12時14分)
306年02月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(9日11時53分)
306年02月|奈良連邦国領の五丈原を秦国が支配する。(9日11時43分)
306年01月|徐章が夏口にて死去。享年88才(9日11時33分)
306年01月|傅覇が函谷関にて死去。享年79才(9日11時30分)
306年01月|唐攸が楽浪にて死去。享年48才(9日11時28分)
306年01月|沮咸が陳にて死去。享年77才(9日11時24分)
306年01月|糜宜が宜陽にて死去。享年31才(9日11時18分)
306年01月|魯然が雒城にて死去。享年93才(9日11時18分)
306年01月|潘宇が淮南にて死去。享年106才(9日11時18分)
306年01月|黄靖が五丈原にて死去。享年32才(9日11時18分)
306年01月|曹覬が樊城にて死去。享年55才(9日11時18分)
305年10月|秦国領の永安を黄布国が支配する。(9日10時7分)
305年09月|秦国領の五丈原を奈良連邦国が支配する。(9日9時38分)
305年01月|奈良連邦国領の葭萌関を秦国が支配する。(9日5時29分)
305年01月|傅叡が広漢にて死去。享年72才(9日5時29分)
305年01月|陳度が五丈原にて死去。享年108才(9日5時24分)
305年01月|糜儀が成都にて死去。享年45才(9日5時13分)
305年01月|公孫楙が長安にて死去。享年64才(9日5時11分)
304年10月|奈良連邦国領の漢中を黄布国が支配する。(9日3時53分)
304年09月|奈良連邦国領の剣客を黄布国が支配する。(9日3時17分)
304年07月|朱国領の江夏を黄布国が支配する。(9日2時23分)
304年07月|秦国領の葭萌関を奈良連邦国が支配する。(9日2時22分)
304年06月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(9日1時58分)
304年06月|秦国領の剣客を奈良連邦国が支配する。(9日1時56分)
304年02月|朱国領の鳥林を黄布国が支配する。(8日23時57分)
304年01月|越斉が雒城にて死去。享年106才(8日23時20分)
304年01月|趙恩が大原にて死去。享年97才(8日23時14分)
303年09月|秦国領の夏口を朱国が支配する。(8日21時5分)
303年07月|秦国領の長坂坡を黄布国が支配する。(8日20時21分)
303年06月|奈良連邦国領の広漢を秦国が支配する。(8日19時59分)
303年06月|奈良連邦国領の武都を黄布国が支配する。(8日19時53分)
303年02月|奈良連邦国領の剣客を黄布国が支配する。(8日17時55分)
303年01月|薛和が五丈原にて死去。享年59才(8日17時39分)
303年01月|王和が大原にて死去。享年43才(8日17時28分)
302年04月|朱国領の西塞山を黄布国が支配する。(8日12時48分)
302年01月|毛苗が会稽にて死去。享年33才(8日11時32分)
302年01月|伊朗が涪水関にて死去。享年104才(8日11時32分)
302年01月|ケ獲が廬江にて死去。享年31才(8日11時32分)
302年01月|孔晃が武都にて死去。享年56才(8日11時32分)
302年01月|魏翔が峨眉山にて死去。享年99才(8日11時32分)
302年01月|夏宮が巴城にて死去。享年91才(8日11時32分)
301年12月|秦国領の江陵を黄布国が支配する。(8日11時30分)
301年11月|朱国領の汝陰を黄布国が支配する。(8日10時20分)
301年10月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(8日10時3分)
301年06月|朱国領の廬江を黄布国が支配する。(8日7時45分)
301年03月|秦国領の永安を黄布国が支配する。(8日6時48分)
301年02月|秦国領の白帝城を黄布国が支配する。(8日6時45分)
301年02月|朱国領の白馬を黄布国が支配する。(8日6時44分)
301年01月|陸黙が江陽にて死去。享年99才(8日5時23分)
301年01月|鄒礼が陳留にて死去。享年109才(8日5時23分)
301年01月|陶威が成都にて死去。享年78才(8日5時23分)
301年01月|秦攸が汝南にて死去。享年45才(8日5時23分)
301年01月|孟が寿春にて死去。享年53才(8日5時23分)
301年01月|歩遺が宛にて死去。享年104才(8日5時23分)
300年11月|奈良連邦国領の葭萌関を黄布国が支配する。(8日4時36分)
300年05月|秦国領の江州を黄布国が支配する。(8日1時25分)
300年03月|秦国領の広漢を奈良連邦国が支配する。(8日0時22分)
300年02月|秦国領の葭萌関を奈良連邦国が支配する。(8日0時2分)
300年01月|梁仁が武都にて死去。享年80才(7日23時23分)
300年01月|秦国領の剣客を奈良連邦国が支配する。(7日23時20分)
299年10月|朱国領の譙を黄布国が支配する。(7日21時51分)
299年02月|奈良連邦国領の剣客を黄布国が支配する。(7日18時4分)
299年01月|張演が江夏にて死去。享年78才(7日17時34分)
299年01月|夏侯遺が平原にて死去。享年89才(7日17時34分)
299年01月|辛奉が峨眉山にて死去。享年29才(7日17時34分)
299年01月|辛然が新興にて死去。享年86才(7日17時24分)
299年01月|尹芳が武陵にて死去。享年100才(7日17時24分)
299年01月|丁当が雒城にて死去。享年104才(7日17時24分)
298年11月|奈良連邦国領の斜谷を黄布国が支配する。(7日16時29分)
298年10月|呉国の君主「ぜかまし」が歴史の表舞台から消えて呉国が君主不在になる。(7日16時11分)
298年01月|陸恵が西河にて死去。享年89才(7日11時58分)
298年01月|奈良連邦国領の五丈原を黄布国が支配する。(7日11時57分)
298年01月|許柔が濮陽にて死去。享年101才(7日11時57分)
297年10月|奈良連邦国領の下弁を黄布国が支配する。(7日10時30分)
297年09月|奈良連邦国領の定軍山を黄布国が支配する。(7日9時31分)
297年08月|奈良連邦国領の陽平関を黄布国が支配する。(7日9時1分)
297年02月|朱国領の寿春を黄布国が支配する。(7日6時49分)
297年01月|厳魴が葭萌関にて死去。享年92才(7日5時19分)
297年01月|孔遂が譙にて死去。享年36才(7日5時19分)
297年01月|公孫隗が柴桑にて死去。享年42才(7日5時19分)
296年03月|秦国領の博望坡を黄布国が支配する。(7日0時33分)
296年01月|公孫勝が長坂坡にて死去。享年94才(6日23時26分)
296年01月|朱国領の徐州を黄布国が支配する。(6日23時16分)
296年01月|荀苗が徐州にて死去。享年71才(6日23時7分)
296年01月|辛靖が武陵にて死去。享年34才(6日23時3分)
295年07月|秦国領の南陽を黄布国が支配する。(6日20時23分)
295年07月|朱国領の赤壁を黄布国が支配する。(6日20時20分)
295年07月|朱国領の下邳を黄布国が支配する。(6日20時18分)
295年06月|秦国領の虎牢関を黄布国が支配する。(6日19時55分)
295年06月|朱国領の淮陰を黄布国が支配する。(6日19時44分)
295年05月|秦国領の洛陽を黄布国が支配する。(6日19時23分)
295年04月|秦国領の檀渓を黄布国が支配する。(6日18時33分)
295年01月|廖思が武威にて死去。享年79才(6日17時26分)
295年01月|梁演が柴桑にて死去。享年51才(6日17時26分)
295年01月|歩当が上党にて死去。享年85才(6日17時15分)
295年01月|ケ綱が成都にて死去。享年37才(6日17時13分)
295年01月|司馬朗が赤壁にて死去。享年45才(6日17時11分)
295年01月|韓匡が涪城にて死去。享年105才(6日17時9分)
295年01月|文仁が武都にて死去。享年57才(6日17時3分)
294年10月|秦国領の宛を黄布国が支配する。(6日15時33分)
294年09月|秦国領の新野を黄布国が支配する。(6日15時22分)
294年07月|秦国領の樊城を黄布国が支配する。(6日14時28分)
294年05月|秦国領の長坂坡を黄布国が支配する。(6日13時4分)
294年01月|宋定が建安にて死去。享年45才(6日11時41分)
294年01月|周班が北海にて死去。享年48才(6日11時30分)
294年01月|尹康が斜谷にて死去。享年62才(6日11時21分)
293年11月|秦国領の夏口を黄布国が支配する。(6日10時23分)
293年02月|秦国領の永安を黄布国が支配する。(6日5時50分)
293年01月|甘温が柴桑にて死去。享年87才(6日5時20分)
293年01月|典演が天水にて死去。享年54才(6日5時20分)
293年01月|荀斉が襄陽にて死去。享年107才(6日5時20分)
293年01月|秦国領の壷関を黄布国が支配する。(6日5時15分)
293年01月|厳が狄道にて死去。享年35才(6日5時10分)
293年01月|梁配が西河にて死去。享年90才(6日5時6分)
293年01月|袁晃が彭城にて死去。享年79才(6日5時6分)
292年10月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(6日4時3分)
292年09月|秦国領の上庸を黄布国が支配する。(6日3時18分)
292年09月|朱国領の廬江を黄布国が支配する。(6日3時1分)
292年06月|秦国領の広漢を黄布国が支配する。(6日1時50分)
292年01月|物部建角が15才で奈良連邦国の君主を継ぐ。(5日23時45分)
292年01月|【崩御】奈良連邦国の君主「物部建角」が崩御。享年95才(5日23時45分)
292年01月|呉綱が虎牢関にて死去。享年49才(5日23時45分)
292年01月|程叡が雒城にて死去。享年85才(5日23時45分)
292年01月|紀朗が定軍山にて死去。享年73才(5日23時45分)
292年01月|厳班が鳥林にて死去。享年89才(5日23時45分)
291年01月|魯魴が柴桑にて死去。享年100才(5日17時40分)
291年01月|蔡昭が北平にて死去。享年82才(5日17時40分)
291年01月|韋虎が長安にて死去。享年31才(5日17時40分)
291年01月|夏侯靖が代県にて死去。享年27才(5日17時40分)
291年01月|全匡が小沛にて死去。享年70才(5日17時40分)
291年01月|黄靖が洛陽にて死去。享年79才(5日17時40分)
290年11月|朱国領の寿春を黄布国が支配する。(5日16時34分)
290年02月|奈良連邦国領の五丈原を黄布国が支配する。(5日11時47分)
290年01月|薛然が定軍山にて死去。享年80才(5日11時33分)
290年01月|許演が江陽にて死去。享年71才(5日11時33分)
290年01月|糜宜が山越にて死去。享年80才(5日11時17分)
290年01月|関義が漢中にて死去。享年39才(5日11時17分)
290年01月|じいちゃんが17才で五輪万歳国の君主を継ぐ。(5日11時13分)
290年01月|【崩御】五輪万歳国の君主「じいちゃん」が崩御。享年39才(5日11時13分)
289年01月|尹淵が白帝城にて死去。享年103才(5日5時24分)
289年01月|ケ獲が夏口にて死去。享年89才(5日5時24分)
289年01月|じんがが長沙にて死去。享年37才(5日5時24分)
288年01月|夏侯式が広漢にて死去。享年58才(4日23時28分)
288年01月|ケが夏口にて死去。享年76才(4日23時28分)
288年01月|雷固が江州にて死去。享年78才(4日23時21分)
288年01月|秦国領の永安を黄布国が支配する。(4日23時19分)
288年01月|蒋苗が淮南にて死去。享年29才(4日23時19分)
288年01月|呉魴が剣門関にて死去。享年72才(4日23時19分)
287年12月|秦国領の白帝城を黄布国が支配する。(4日22時49分)
287年04月|奈良連邦国領の長安を黄布国が支配する。(4日18時49分)
287年01月|尹仁が天水にて死去。享年91才(4日17時35分)
287年01月|胡商が定軍山にて死去。享年28才(4日17時25分)
287年01月|甘瑁が武都にて死去。享年39才(4日17時25分)
287年01月|楊然が雲南にて死去。享年39才(4日17時15分)
287年01月|伍宜が赤壁にて死去。享年56才(4日17時10分)
287年01月|紀尚が峨眉山にて死去。享年100才(4日17時10分)
286年12月|朱国領の淮陰を黄布国が支配する。(4日16時55分)
286年11月|朱国領の下邳を黄布国が支配する。(4日16時35分)
286年08月|五輪万歳国領の巴城を黄布国が支配する。(4日14時54分)
286年01月|韋苗が建安にて死去。享年33才(4日11時23分)
286年01月|辛奉が永昌にて死去。享年43才(4日11時21分)
286年01月|蒋続が夏口にて死去。享年72才(4日11時14分)
286年01月|徐徳が西河にて死去。享年106才(4日11時14分)
286年01月|牛宮が雒城にて死去。享年43才(4日11時13分)
286年01月|左衛門が19才で朱国の君主を継ぐ。(4日11時13分)
286年01月|【崩御】朱国の君主「左衛門」が崩御。享年51才(4日11時13分)
286年01月|李魴が柴桑にて死去。享年80才(4日11時13分)
285年01月|霍定が廬江にて死去。享年106才(4日6時6分)
285年01月|尹斉が宜陽にて死去。享年53才(4日6時6分)
285年01月|夏侯覬が長安にて死去。享年101才(4日6時6分)
285年01月|廖咸が代県にて死去。享年84才(4日6時6分)
285年01月|賈班が新野にて死去。享年100才(4日5時14分)
285年01月|趙匡胤が天水にて死去。享年45才(4日5時14分)
285年01月|宋咸が柴桑にて死去。享年66才(4日5時14分)
285年01月|越班が濮陽にて死去。享年92才(4日5時14分)
284年01月|毛苗が南昌にて死去。享年41才(3日23時34分)
284年01月|秦演が街亭にて死去。享年100才(3日23時34分)
284年01月|魯訓が巴城にて死去。享年103才(3日23時11分)
283年05月|秦国領の虎牢関を黄布国が支配する。(3日19時26分)
283年01月|辛商が濮陽にて死去。享年35才(3日17時20分)
283年01月|伊柔が白帝城にて死去。享年46才(3日17時20分)
282年01月|蔡咸が牂柯にて死去。享年63才(3日11時20分)
282年01月|黄瑁が楽浪にて死去。享年43才(3日11時9分)
281年05月|奈良連邦国領の五丈原を黄布国が支配する。(3日7時22分)
281年01月|胡覇が子午谷にて死去。享年101才(3日6時22分)
280年02月|秦国領の虎牢関を黄布国が支配する。(3日0時0分)
280年01月|郭儀が建業にて死去。享年74才(2日23時25分)
280年01月|許然が新野にて死去。享年48才(2日23時17分)
280年01月|厳魴が界橋にて死去。享年51才(2日23時17分)
279年01月|簡胤が譙にて死去。享年79才(2日17時23分)
279年01月|薛宮が漢中にて死去。享年71才(2日17時21分)
278年09月|秦国領の虎牢関を黄布国が支配する。(2日15時16分)
278年01月|簡浚が天水にて死去。享年61才(2日11時32分)
278年01月|唐攸が北海にて死去。享年34才(2日11時27分)
278年01月|王和が薊にて死去。享年76才(2日11時23分)
278年01月|夏侯靖が新興にて死去。享年73才(2日11時17分)
278年01月|孔遂が官渡にて死去。享年66才(2日11時17分)
278年01月|于然が剣門関にて死去。享年68才(2日11時17分)
277年08月|奈良連邦国領の長安を黄布国が支配する。(2日9時10分)
277年01月|公孫隗が徐州にて死去。享年41才(2日6時54分)
277年01月|夏義が城陽にて死去。享年71才(2日6時53分)
277年01月|韋虎が河南にて死去。享年29才(2日6時53分)
277年01月|蒋苗が廬江にて死去。享年106才(2日6時53分)
276年01月|公孫楙が武都にて死去。享年40才(1日23時13分)
276年01月|厳が譙にて死去。享年95才(1日23時9分)
276年01月|雷然が虎牢関にて死去。享年43才(1日23時9分)
276年01月|辛靖が建業にて死去。享年36才(1日23時9分)
275年02月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(1日17時44分)
275年01月|潘商が鄴にて死去。享年99才(1日17時25分)
275年01月|胡商が漢中にて死去。享年75才(1日17時22分)
275年01月|司馬虎が山越にて死去。享年64才(1日17時20分)
275年01月|趙忠が濡須口にて死去。享年84才(1日17時10分)
275年01月|公孫隗が南昌にて死去。享年38才(1日17時7分)
274年01月|丁威が麦城にて死去。享年87才(1日11時25分)
274年01月|秦攸が白狼山にて死去。享年77才(1日11時15分)
274年01月|糜儀が雲南にて死去。享年35才(1日11時15分)
273年12月|秦国領の永安を黄布国が支配する。(1日10時41分)
273年07月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(1日8時21分)
273年06月|秦国領の上庸を黄布国が支配する。(1日7時47分)
273年05月|秦国領の広漢を黄布国が支配する。(1日7時12分)
273年01月|劉匡が雒城にて死去。享年81才(1日5時10分)
272年01月|曹定が潼関にて死去。享年70才(30日23時27分)
272年01月|孔粲が淮南にて死去。享年96才(30日23時24分)
272年01月|ケ綱が成都にて死去。享年67才(30日23時13分)
272年01月|伊定が洛陽にて死去。享年55才(30日23時4分)
271年09月|呉国領の鄴を黄布国が支配する。(30日21時24分)
271年01月|霍攸が夷陵にて死去。享年34才(30日17時28分)
271年01月|蔡班が剣客にて死去。享年62才(30日17時24分)
271年01月|郭苗が雒城にて死去。享年55才(30日17時16分)
271年01月|関玄が檀渓にて死去。享年53才(30日17時16分)
271年01月|夏侯固が合肥にて死去。享年76才(30日17時14分)
271年01月|曹匡が柴桑にて死去。享年79才(30日17時14分)
271年01月|劉斉が成都にて死去。享年91才(30日17時14分)
271年01月|曹覬が薊にて死去。享年86才(30日17時14分)
270年02月|朱国領の南昌を黄布国が支配する。(30日11時45分)
270年01月|孟温が西河にて死去。享年94才(30日11時16分)
270年01月|司馬朗が西河にて死去。享年60才(30日11時12分)
270年01月|陶粲が閬中にて死去。享年95才(30日11時3分)
269年12月|朱国領の皖城を黄布国が支配する。(30日10時43分)
269年01月|韋苗が南陽にて死去。享年68才(30日5時21分)
269年01月|蒋苗が巴城にて死去。享年96才(30日5時20分)
269年01月|陶隗が襄陽にて死去。享年48才(30日5時20分)
269年01月|関義が淮南にて死去。享年35才(30日5時20分)
269年01月|厳浚が鄴にて死去。享年47才(30日5時20分)
269年01月|じんがが荊州城にて死去。享年57才(30日5時20分)
268年01月|魏恩が夷陵にて死去。享年44才(29日23時16分)
268年01月|じいちゃんが17才で五輪万歳国の君主を継ぐ。(29日23時16分)
268年01月|【崩御】五輪万歳国の君主「じいちゃん」が崩御。享年50才(29日23時16分)
268年01月|毛宝が漢中にて死去。享年50才(29日23時10分)
267年03月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(29日18時35分)
267年01月|荀班が山越にて死去。享年51才(29日17時32分)
267年01月|辛商が荊州城にて死去。享年44才(29日17時18分)
267年01月|秦国領の上庸を黄布国が支配する。(29日17時17分)
267年01月|虞盛が鄴にて死去。享年49才(29日17時17分)
267年01月|李覇が建安にて死去。享年48才(29日17時17分)
266年07月|秦国領の広漢を黄布国が支配する。(29日14時30分)
266年01月|周班が濮陽にて死去。享年41才(29日11時24分)
266年01月|呉国領の北海を黄布国が支配する。(29日11時23分)
266年01月|馬延が会稽にて死去。享年85才(29日11時13分)
266年01月|鄭勝が小沛にて死去。享年60才(29日11時7分)
265年06月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(29日8時45分)
265年01月|丁虎が峨眉山にて死去。享年84才(29日6時47分)
264年11月|朱国領の淮陰を黄布国が支配する。(29日4時30分)
264年07月|朱国領の南昌を黄布国が支配する。(29日2時52分)
264年06月|朱国領の皖城を黄布国が支配する。(29日2時0分)
264年06月|奈良連邦国領の剣客を黄布国が支配する。(29日2時0分)
264年01月|夏温が濮陽にて死去。享年69才(28日23時27分)
264年01月|殷礼が洛陽にて死去。享年54才(28日23時20分)
264年01月|孔晃が巴城にて死去。享年71才(28日23時11分)
264年01月|潘覇が巴城にて死去。享年53才(28日23時2分)
263年05月|秦国領の長坂坡を黄布国が支配する。(28日19時11分)
263年01月|宋定が上党にて死去。享年44才(28日17時37分)
263年01月|甘瑁が武都にて死去。享年63才(28日17時37分)
263年01月|陳恩が越雋にて死去。享年35才(28日17時37分)
263年01月|韋虎が牂柯にて死去。享年64才(28日17時37分)
263年01月|楊然が狄道にて死去。享年46才(28日17時12分)
263年01月|孟が代県にて死去。享年69才(28日17時10分)
262年10月|奈良連邦国領の祀山を黄布国が支配する。(28日16時14分)
262年06月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(28日13時53分)
262年02月|呉国領の南皮を黄布国が支配する。(28日11時53分)
262年01月|辛奉が虎牢関にて死去。享年77才(28日11時21分)
262年01月|田康が鳥林にて死去。享年60才(28日11時21分)
262年01月|閻翔が濮陽にて死去。享年34才(28日11時13分)
261年11月|秦国領の麦城を黄布国が支配する。(28日10時11分)
261年08月|朱国領の南昌を黄布国が支配する。(28日8時54分)
261年07月|呉国領の鄴を黄布国が支配する。(28日8時23分)
261年03月|秦国領の永安を黄布国が支配する。(28日6時19分)
261年01月|薛和が街亭にて死去。享年66才(28日5時40分)
261年01月|徐忠が雒城にて死去。享年78才(28日5時38分)
261年01月|呉国領の鄴を黄布国が支配する。(28日5時37分)
260年11月|朱国領の南昌を黄布国が支配する。(28日4時23分)
260年08月|秦国領の白帝城を黄布国が支配する。(28日2時58分)
260年05月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(28日1時13分)
260年04月|朱国領の皖城を黄布国が支配する。(28日0時43分)
260年01月|呉綱が上庸にて死去。享年38才(27日23時29分)
260年01月|梁演が彭城にて死去。享年31才(27日23時25分)
260年01月|歩忠が定陶にて死去。享年37才(27日23時16分)
260年01月|典豹が巴城にて死去。享年59才(27日23時16分)
260年01月|辛靖が鳥林にて死去。享年53才(27日23時16分)
260年01月|李充が汝陰にて死去。享年30才(27日23時16分)
259年05月|朱国領の皖城を黄布国が支配する。(27日19時15分)
259年03月|朱国領の淮陰を黄布国が支配する。(27日18時15分)
259年01月|伊隗が郿塢にて死去。享年87才(27日17時42分)
258年12月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(27日17時20分)
258年08月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(27日15時1分)
258年01月|唐攸が会稽にて死去。享年69才(27日11時27分)
258年01月|毛苗が武都にて死去。享年66才(27日11時27分)
258年01月|魏和が雒城にて死去。享年85才(27日11時12分)
258年01月|牛宮が綿竹関にて死去。享年66才(27日11時12分)
257年01月|霍攸が襄陽にて死去。享年76才(27日6時57分)
257年01月|公孫定が天水にて死去。享年41才(27日6時57分)
257年01月|韋勝が漢中にて死去。享年83才(27日6時45分)
257年01月|周班が華容にて死去。享年51才(27日6時45分)
257年01月|黄瑁が宜陽にて死去。享年43才(27日6時45分)
256年01月|馬芳が雒城にて死去。享年75才(26日23時36分)
256年01月|宋延が河南にて死去。享年61才(26日23時3分)
255年01月|丁温が長安にて死去。享年73才(26日17時26分)
255年01月|蒋章が大原にて死去。享年69才(26日17時19分)
255年01月|趙匡胤が壷関にて死去。享年66才(26日17時18分)
255年01月|公孫隗が平原にて死去。享年48才(26日17時18分)
254年01月|糜儀が漢中にて死去。享年68才(26日11時11分)
254年01月|程配が巴城にて死去。享年55才(26日11時11分)
254年01月|公孫楙が江陽にて死去。享年55才(26日11時11分)
254年01月|文仁が定軍山にて死去。享年36才(26日11時4分)
253年01月|典演が子午谷にて死去。享年43才(26日5時16分)
253年01月|雷然が剣客にて死去。享年73才(26日5時6分)
252年04月|朱国領の皖城を黄布国が支配する。(26日0時40分)
252年03月|朱国領の南昌を黄布国が支配する。(26日0時10分)
252年01月|傅叡が南皮にて死去。享年51才(25日23時27分)
252年01月|尹康が子午谷にて死去。享年51才(25日23時18分)
251年09月|朱国領の淮陰を黄布国が支配する。(25日21時22分)
251年07月|奈良連邦国領の祀山を黄布国が支配する。(25日20時22分)
251年01月|李然が河南にて死去。享年32才(25日17時21分)
251年01月|伊柔が陳留にて死去。享年61才(25日17時15分)
250年12月|奈良連邦国領の街亭を黄布国が支配する。(25日16時33分)
250年11月|奈良連邦国領の定軍山を黄布国が支配する。(25日16時22分)
250年10月|奈良連邦国領の下弁を黄布国が支配する。(25日15時52分)
250年09月|奈良連邦国領の五丈原を黄布国が支配する。(25日15時23分)
250年01月|公孫隗が函谷関にて死去。享年64才(25日11時25分)
250年01月|歩訓が五丈原にて死去。享年38才(25日11時24分)
250年01月|全豹が淮陰にて死去。享年52才(25日11時8分)
249年11月|【建国】新しくぜかましが平原に呉国を建国する。(25日10時56分)
249年08月|曹匡が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|梁配が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|紀尚が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|李魴が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|徐章が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|丁虎が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|荀班が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|公孫定が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|殷翔が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|唐攸が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|毛苗が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|夏侯覬が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|陸恵が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|馬芳が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|孔粲が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|胡商が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|蒋苗が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|夏侯靖が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|蒋続が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|糜儀が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|徐徳が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|程配が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|衛允が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|魏和が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|司馬朗が放浪の身となる。(25日9時45分)
249年08月|ジャマン国通算成績・・・31戦27勝1敗2分/占領0回/失陥1回であった。(25日9時45分)
249年08月|【滅亡】天水の地でジャマン国が奈良連邦国の物部建角に敗れ滅亡。(25日9時45分)
249年01月|夏侯式が落鳳坡にて死去。享年59才(25日6時39分)
249年01月|李靖が汝南にて死去。享年71才(25日6時39分)
249年01月|厳魴が武都にて死去。享年52才(25日6時39分)
249年01月|蔡朗が華容にて死去。享年59才(25日6時39分)
249年01月|左衛門が14才で朱国の君主を継ぐ。(25日6時39分)
249年01月|【崩御】朱国の君主「左衛門」が崩御。享年93才(25日6時39分)
248年10月|朱国領の南昌を黄布国が支配する。(25日3時37分)
248年07月|【建国】新しく秦王政が麦城に秦国を建国する。(25日2時28分)
248年06月|朱国領の皖城を黄布国が支配する。(25日2時8分)
248年02月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(24日23時48分)
248年01月|関義が建業にて死去。享年61才(24日23時21分)
248年01月|糜翔が大原にて死去。享年69才(24日23時21分)
248年01月|朱定が易京にて死去。享年55才(24日23時13分)
248年01月|韋勝が彭城にて死去。享年46才(24日23時5分)
248年01月|梁配が河南にて死去。享年34才(24日23時5分)
248年01月|李充が華容にて死去。享年60才(24日23時2分)
247年01月|傅覇が江夏にて死去。享年71才(24日17時48分)
247年01月|尹斉が零陵にて死去。享年26才(24日17時48分)
247年01月|沮咸が新野にて死去。享年28才(24日17時48分)
247年01月|許然が祀山にて死去。享年32才(24日17時48分)
247年01月|陳恩が子午谷にて死去。享年71才(24日17時48分)
247年01月|伍宜が城陽にて死去。享年25才(24日17時48分)
246年01月|呂布奉先が17才で大日本帝国の君主を継ぐ。(24日13時24分)
246年01月|【崩御】大日本帝国の君主「呂布奉先」が崩御。享年89才(24日13時24分)
245年01月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(24日6時21分)
244年04月|朱国領の南昌を黄布国が支配する。(24日0時48分)
244年03月|朱国領の皖城を黄布国が支配する。(24日0時11分)
244年01月|魏恩が城陽にて死去。享年47才(23日23時24分)
243年09月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(23日21時21分)
243年01月|梁演が長安にて死去。享年42才(23日17時28分)
243年01月|閻翔が西河にて死去。享年67才(23日17時28分)
242年01月|呉綱が斜谷にて死去。享年72才(23日11時29分)
242年01月|周班が界橋にて死去。享年49才(23日11時29分)
242年01月|陶威が漢中にて死去。享年57才(23日11時29分)
242年01月|張柔が定軍山にて死去。享年38才(23日11時29分)
242年01月|李徳が新興にて死去。享年55才(23日11時29分)
242年01月|周儀が京口にて死去。享年58才(23日11時29分)
241年01月|荀苗が下邳にて死去。享年57才(23日7時7分)
240年01月|全盛が許昌にて死去。享年29才(22日23時19分)
240年01月|辛商が淮南にて死去。享年37才(22日23時18分)
240年01月|傅豹が零陵にて死去。享年64才(22日23時18分)
238年01月|鄒思が涪城にて死去。享年93才(22日11時53分)
238年01月|歩忠が陳留にて死去。享年96才(22日11時20分)
238年01月|文仁が斜谷にて死去。享年76才(22日11時20分)
237年07月|奈良連邦国領の五丈原を黄布国が支配する。(22日8時41分)
237年01月|らん豚Fが函谷関にて死去。享年82才(22日8時24分)
237年01月|張演が巴城にて死去。享年80才(22日8時24分)
237年01月|蔡咸が小沛にて死去。享年97才(22日8時24分)
237年01月|関玄が落鳳坡にて死去。享年91才(22日8時24分)
237年01月|全匡が大原にて死去。享年92才(22日8時24分)
237年01月|伍宜が会稽にて死去。享年98才(22日8時24分)
236年01月|簡浚が長坂坡にて死去。享年83才(22日0時2分)
236年01月|梁仁が涪水関にて死去。享年91才(22日0時2分)
236年01月|殷苗が呉にて死去。享年59才(22日0時2分)
236年01月|陶隗が定陶にて死去。享年82才(22日0時2分)
236年01月|閻建が洛陽にて死去。享年94才(22日0時2分)
236年01月|郭苗が北海にて死去。享年58才(22日0時2分)
236年01月|閻演が鳥林にて死去。享年63才(22日0時2分)
236年01月|厳浚が成都にて死去。享年74才(22日0時2分)
236年01月|華佗が平陽にて死去。享年80才(21日23時13分)
236年01月|楊然が五丈原にて死去。享年45才(21日23時13分)
236年01月|胡礼が会稽にて死去。享年51才(21日23時13分)
236年01月|毛宝が西涼にて死去。享年87才(21日23時13分)
236年01月|虞盛が桂陽にて死去。享年29才(21日23時13分)
235年01月|許演が河南にて死去。享年90才(21日17時32分)
235年01月|公孫定が斜谷にて死去。享年82才(21日17時32分)
235年01月|尹斉が山越にて死去。享年78才(21日17時32分)
235年01月|殷翔が赤壁にて死去。享年72才(21日17時32分)
235年01月|沮咸が麦城にて死去。享年94才(21日17時32分)
235年01月|荀隗が襄平にて死去。享年38才(21日17時22分)
235年01月|許然が峨眉山にて死去。享年84才(21日17時22分)
235年01月|李覇が呉にて死去。享年88才(21日17時4分)
234年06月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(21日13時52分)
234年01月|華勝が漢中にて死去。享年94才(21日11時56分)
234年01月|宋定が下邳にて死去。享年58才(21日11時28分)
234年01月|紀朗が新興にて死去。享年84才(21日11時23分)
234年01月|李然が定陶にて死去。享年97才(21日11時23分)
234年01月|廖尚が江陵にて死去。享年41才(21日11時13分)
234年01月|黄瑁が会稽にて死去。享年90才(21日11時13分)
234年01月|呉魴が陳にて死去。享年52才(21日11時13分)
234年01月|梁配が白馬にて死去。享年38才(21日11時13分)
234年01月|沮融が陳倉にて死去。享年51才(21日11時13分)
233年01月|歩康が漢中にて死去。享年96才(21日7時19分)
233年01月|魯然が小沛にて死去。享年79才(21日7時19分)
233年01月|宋咸が新野にて死去。享年49才(21日7時19分)
233年01月|袁晃が会稽にて死去。享年87才(21日7時19分)
232年01月|徐章が南昌にて死去。享年39才(20日23時48分)
232年01月|厳恩が新野にて死去。享年28才(20日23時29分)
232年01月|廖思が五丈原にて死去。享年97才(20日23時29分)
232年01月|孔遂が北海にて死去。享年89才(20日23時29分)
232年01月|じいちゃんが14才で五輪万歳国の君主を継ぐ。(20日23時29分)
232年01月|【崩御】五輪万歳国の君主「じいちゃん」が崩御。享年73才(20日23時29分)
232年01月|蒋続が涪城にて死去。享年41才(20日23時29分)
232年01月|伊定が建業にて死去。享年37才(20日23時29分)
232年01月|魯異が陳留にて死去。享年55才(20日23時29分)
231年01月|魏翔が陳留にて死去。享年78才(20日17時52分)
231年01月|夏宮が濮陽にて死去。享年43才(20日17時52分)
230年01月|薛然が漢中にて死去。享年84才(20日11時44分)
230年01月|荀班が合肥にて死去。享年53才(20日11時44分)
230年01月|司馬虎が会稽にて死去。享年89才(20日11時44分)
230年01月|楊翔が徐州にて死去。享年75才(20日11時44分)
230年01月|黄靖が武威にて死去。享年87才(20日11時44分)
229年01月|歩訓が郿塢にて死去。享年73才(20日6時59分)
229年01月|于然が桂陽にて死去。享年94才(20日6時59分)
229年01月|荀融が天水にて死去。享年82才(20日6時59分)
228年01月|殷礼が長安にて死去。享年79才(19日23時39分)
228年01月|全盛が代県にて死去。享年93才(19日23時39分)
228年01月|潘覇が剣客にて死去。享年91才(19日23時9分)
228年01月|唐演が譙にて死去。享年41才(19日23時9分)
227年10月|奈良連邦国領の陰平を黄布国が支配する。(19日22時2分)
227年01月|程叡が上庸にて死去。享年81才(19日19時23分)
227年01月|陸恵が虎牢関にて死去。享年37才(19日19時23分)
227年01月|ケが新興にて死去。享年52才(19日19時23分)
227年01月|糜宜が武都にて死去。享年79才(19日19時23分)
227年01月|辛然が界橋にて死去。享年35才(19日19時23分)
227年01月|じんだいが麦城にて死去。享年63才(19日19時23分)
227年01月|唐仁が漢中にて死去。享年52才(19日19時23分)
226年01月|郭儀が建業にて死去。享年64才(19日11時28分)
226年01月|蔡班が南陽にて死去。享年48才(19日11時28分)
226年01月|蔡昭が界橋にて死去。享年43才(19日11時18分)
226年01月|典演が巴城にて死去。享年49才(19日11時13分)
225年12月|ジャマン国の君主「じんだい」が歴史の表舞台から消えてジャマン国が君主不在になる。(19日10時43分)
225年02月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(19日6時57分)
225年01月|夏侯瑁が綿竹関にて死去。享年64才(19日6時56分)
225年01月|夏侯遺が徐州にて死去。享年87才(19日6時56分)
225年01月|雷固が成都にて死去。享年80才(19日6時56分)
225年01月|衛允が長坂坡にて死去。享年69才(19日6時56分)
225年01月|司馬朗が河東にて死去。享年75才(19日6時56分)
224年01月|歩当が南陽にて死去。享年68才(18日23時15分)
224年01月|孟徳が鳥林にて死去。享年32才(18日23時14分)
224年01月|虞盛が桂陽にて死去。享年76才(18日23時8分)
224年01月|李魴が北平にて死去。享年40才(18日23時5分)
223年01月|薛宮が越雋にて死去。享年75才(18日17時34分)
223年01月|趙恩が広漢にて死去。享年65才(18日17時14分)
223年01月|鄭勝が呉にて死去。享年69才(18日17時14分)
223年01月|辛靖が長安にて死去。享年85才(18日17時14分)
222年02月|朱国領の合肥を黄布国が支配する。(18日11時58分)
222年01月|曹定が城陽にて死去。享年75才(18日11時28分)
222年01月|黄行が陳にて死去。享年44才(18日11時18分)
222年01月|甘温が武陵にて死去。享年35才(18日11時18分)
222年01月|周班が小沛にて死去。享年71才(18日11時13分)
222年01月|公孫隗が淮陰にて死去。享年82才(18日11時8分)
221年10月|朱国領の濡須口を黄布国が支配する。(18日10時9分)
221年01月|傅叡が天水にて死去。享年78才(18日6時52分)
221年01月|韋苗が南陽にて死去。享年60才(18日6時52分)
221年01月|夏義が南昌にて死去。享年64才(18日6時52分)
221年01月|辛商が襄平にて死去。享年77才(18日6時52分)
221年01月|夏侯靖が博望坡にて死去。享年85才(18日6時50分)
221年01月|ケ綱が濡須口にて死去。享年60才(18日6時50分)
220年01月|廖咸が漢中にて死去。享年82才(17日23時36分)
220年01月|王和が長沙にて死去。享年65才(17日23時36分)
220年01月|陸黙が平原にて死去。享年64才(17日23時36分)
220年01月|尹康が山越にて死去。享年50才(17日23時36分)
219年01月|簡胤が武都にて死去。享年71才(17日17時25分)
219年01月|厳班が白帝城にて死去。享年58才(17日17時25分)
219年01月|張柔が宜陽にて死去。享年79才(17日17時21分)
218年01月|厳恩が南昌にて死去。享年64才(17日11時29分)
218年01月|胡商が成都にて死去。享年61才(17日11時26分)
218年01月|伊朗が夏口にて死去。享年30才(17日11時19分)
218年01月|公孫楙が襄陽にて死去。享年66才(17日11時19分)
218年01月|伍烈が梓潼にて死去。享年76才(17日11時19分)
218年01月|韋勝が白馬にて死去。享年78才(17日11時19分)
217年01月|梁演が天水にて死去。享年27才(17日6時40分)
217年01月|ケ獲が譙にて死去。享年82才(17日6時40分)
217年01月|全豹が譙にて死去。享年58才(17日6時39分)
217年01月|典豹が雒城にて死去。享年82才(17日6時39分)
217年01月|尹芳が濡須口にて死去。享年71才(17日6時39分)
216年01月|公孫勝が荊州城にて死去。享年70才(16日23時26分)
216年01月|越斉が雒城にて死去。享年63才(16日23時23分)
216年01月|韋虎が下弁にて死去。享年79才(16日23時23分)
216年01月|田康が潁川にて死去。享年54才(16日23時23分)
216年01月|魏恩が南郡にて死去。享年74才(16日23時23分)
215年01月|陳度が代県にて死去。享年77才(16日17時35分)
215年01月|潘宇が武都にて死去。享年67才(16日17時35分)
215年01月|宋延が漢中にて死去。享年52才(16日17時35分)
214年01月|物部建角が17才で奈良連邦国の君主を継ぐ。(16日11時39分)
214年01月|【崩御】奈良連邦国の君主「物部建角」が崩御。享年64才(16日11時39分)
214年01月|甘瑁が武都にて死去。享年72才(16日11時22分)
214年01月|孟が易京にて死去。享年60才(16日11時22分)
214年01月|伊定が建業にて死去。享年75才(16日11時22分)
213年01月|許柔が鄴にて死去。享年70才(16日6時30分)
213年01月|厳魴が剣客にて死去。享年52才(16日6時30分)
213年01月|夏侯固が長安にて死去。享年73才(16日6時30分)
213年01月|程配が平陽にて死去。享年72才(16日6時30分)
213年01月|歩遺が鄴にて死去。享年67才(16日6時30分)
212年01月|徐章が呉にて死去。享年69才(15日23時37分)
212年01月|薛和が洛陽にて死去。享年56才(15日23時37分)
212年01月|荀隗が陳留にて死去。享年61才(15日23時37分)
212年01月|秦攸が零陵にて死去。享年73才(15日23時37分)
211年01月|尹仁が襄平にて死去。享年49才(15日17時29分)
211年01月|鄒礼が鳥林にて死去。享年55才(15日17時24分)
211年01月|楊然が上党にて死去。享年64才(15日17時13分)
211年01月|廖尚が代県にて死去。享年49才(15日17時11分)
211年01月|朱定が鄴にて死去。享年71才(15日17時9分)
211年01月|梁配が彭城にて死去。享年47才(15日17時4分)
211年01月|丁当が檀渓にて死去。享年66才(15日17時2分)
210年11月|奈良連邦国領の定軍山を黄布国が支配する。(15日16時35分)
210年01月|孟徳が譙にて死去。享年46才(15日12時49分)
210年01月|曹匡が越雋にて死去。享年51才(15日12時48分)
210年01月|蔡朗が武陵にて死去。享年53才(15日12時48分)
209年06月|奈良連邦国領の定軍山を黄布国が支配する。(15日7時52分)
209年01月|夏温が江陽にて死去。享年67才(15日6時52分)
209年01月|唐攸が呉にて死去。享年71才(15日6時52分)
209年01月|伊柔が上党にて死去。享年70才(15日6時52分)
209年01月|劉匡が漢中にて死去。享年47才(15日6時52分)
209年01月|韓匡が長安にて死去。享年71才(15日6時52分)
208年02月|奈良連邦国領の定軍山を黄布国が支配する。(14日23時50分)
208年01月|毛苗が梓潼にて死去。享年34才(14日23時26分)
208年01月|陸恵が斜谷にて死去。享年54才(14日23時25分)
207年01月|夏侯式が赤壁にて死去。享年64才(14日17時51分)
207年01月|周班が長沙にて死去。享年50才(14日17時51分)
207年01月|李徳が代県にて死去。享年63才(14日17時51分)
207年01月|孔晃が成都にて死去。享年68才(14日17時51分)
207年01月|夏宮が潼関にて死去。享年53才(14日17時51分)
207年01月|牛宮が剣客にて死去。享年56才(14日17時51分)
207年01月|越班が濡須口にて死去。享年53才(14日17時2分)
206年12月|趙匡胤が朱国に仕官する。(14日16時37分)
206年04月|奈良連邦国領の陰平を黄布国が支配する。(14日12時51分)
206年01月|魯魴が白帝城にて死去。享年68才(14日11時31分)
206年01月|梁演が洛陽にて死去。享年60才(14日11時26分)
206年01月|辛然が代県にて死去。享年57才(14日11時26分)
205年01月|公孫隗が涪城にて死去。享年43才(14日5時50分)
205年01月|尹淵が壷関にて死去。享年30才(14日5時50分)
205年01月|伊朗が定陶にて死去。享年42才(14日5時50分)
205年01月|蒋章が武威にて死去。享年56才(14日5時50分)
205年01月|蒋続が上庸にて死去。享年43才(14日5時50分)
205年01月|趙忠が樊城にて死去。享年64才(14日5時50分)
205年01月|唐演が新興にて死去。享年53才(14日5時50分)
204年01月|甘温が易京にて死去。享年56才(13日23時18分)
204年01月|秦演が建安にて死去。享年59才(13日23時18分)
204年01月|李魴が襄平にて死去。享年52才(13日23時6分)
203年01月|丁威が界橋にて死去。享年63才(13日17時30分)
203年01月|糜儀が寿春にて死去。享年49才(13日17時16分)
203年01月|李充が柴桑にて死去。享年63才(13日17時16分)
202年01月|夏侯覬が武都にて死去。享年52才(13日11時58分)
202年01月|辛奉が西涼にて死去。享年46才(13日11時58分)
202年01月|荀斉が零陵にて死去。享年60才(13日11時58分)
202年01月|呉魴が新野にて死去。享年61才(13日11時58分)
201年01月|徐忠が白狼山にて死去。享年60才(13日6時54分)
201年01月|関義が桂陽にて死去。享年45才(13日6時53分)
201年01月|胡礼が呉にて死去。享年59才(13日6時53分)
201年01月|賈班が天水にて死去。享年40才(13日6時53分)
201年01月|紀尚が壷関にて死去。享年40才(13日6時53分)
200年01月|丁虎が雒城にて死去。享年42才(12日23時31分)
200年01月|陶威が雒城にて死去。享年60才(12日23時19分)
200年01月|蔡昭が下邳にて死去。享年58才(12日23時16分)
200年01月|沮融が呉にて死去。享年55才(12日23時3分)
200年01月|曹覬が柴桑にて死去。享年58才(12日23時3分)
199年01月|霍攸が洛陽にて死去。享年42才(12日17時35分)
199年01月|丁温が襄平にて死去。享年39才(12日17時25分)
199年01月|荀苗が呉にて死去。享年50才(12日17時8分)
199年01月|宋咸が剣門関にて死去。享年36才(12日17時8分)
199年01月|雷然が皖城にて死去。享年46才(12日17時8分)
199年01月|周儀が宜陽にて死去。享年53才(12日17時8分)
198年09月|奈良連邦国領の下弁を黄布国が支配する。(12日15時15分)
198年01月|魯訓が檀渓にて死去。享年91才(12日11時29分)
198年01月|劉斉が雒城にて死去。享年52才(12日11時29分)
197年01月|霍定が陽平関にて死去。享年61才(12日7時11分)
197年01月|馬芳が街亭にて死去。享年43才(12日7時11分)
197年01月|李靖が会稽にて死去。享年57才(12日6時59分)
197年01月|糜翔が許昌にて死去。享年50才(12日6時59分)
197年01月|典演が新興にて死去。享年50才(12日6時59分)
196年01月|傅覇が淮陰にて死去。享年56才(11日23時44分)
196年01月|宋定が定陶にて死去。享年36才(11日23時44分)
196年01月|殷苗が呉にて死去。享年32才(11日23時44分)
196年01月|胡覇が鳥林にて死去。享年45才(11日23時44分)
196年01月|孟温が合肥にて死去。享年60才(11日23時44分)
195年01月|郭苗が洛陽にて死去。享年45才(11日17時20分)
195年01月|馬延が西塞山にて死去。享年50才(11日17時20分)
195年01月|厳が襄陽にて死去。享年46才(11日17時20分)
194年01月|毛苗が麦城にて死去。享年39才(11日11時40分)
194年01月|孔粲が樊城にて死去。享年50才(11日11時40分)
194年01月|ケが祀山にて死去。享年53才(11日11時40分)
194年01月|陳恩が潼関にて死去。享年36才(11日11時40分)
194年01月|徐徳が武威にて死去。享年30才(11日11時40分)
193年01月|黄行が譙にて死去。享年52才(11日6時3分)
193年01月|閻翔が小沛にて死去。享年57才(11日6時3分)
193年01月|魏和が雲南にて死去。享年50才(11日6時3分)
192年01月|潘商が綿竹関にて死去。享年47才(11日0時21分)
192年01月|韋勝が郿塢にて死去。享年46才(11日0時21分)
192年01月|蔡班が北海にて死去。享年53才(11日0時21分)
192年01月|唐仁が長安にて死去。享年49才(11日0時21分)
192年01月|傅豹が晋陽にて死去。享年40才(11日0時21分)
191年01月|荀班が函谷関にて死去。享年29才(10日17時35分)
191年01月|閻演が山越にて死去。享年27才(10日17時35分)
191年01月|魯異が荊州城にて死去。享年46才(10日17時35分)
190年01月|尹淵が皖城にて死去。享年38才(10日11時22分)
190年01月|尹康が上庸にて死去。享年32才(10日11時22分)
190年01月|伊隗が汝陰にて死去。享年55才(10日11時22分)
189年01月|呉綱が江夏にて死去。享年51才(10日6時42分)
189年01月|蒋苗が河内にて死去。享年29才(10日6時42分)
189年01月|蒋苗が虎牢関にて死去。享年30才(10日6時42分)
189年01月|陶粲が彭城にて死去。享年28才(10日6時42分)
187年04月|【旗揚げ】物部建角が武都に奈良連邦国を建国。(9日18時59分)
184年03月|【旗揚げ】左衛門が呉に朱国を建国。(9日1時16分)
181年07月|【旗揚げ】じいちゃんが雒城に五輪万歳国を建国。(8日8時16分)
181年05月|【旗揚げ】呂布奉先が新興に大日本帝国を建国。(8日7時24分)
180年05月|【建国】新しくじんだいが天水にジャマン国を建国する。(8日2時36分)
・3月:秦国の潘覇は新興へ攻め込みました!(30日0時2分)
・2月:秦国の薛然は新興へ攻め込みました!(30日0時0分)
【勝利】嬴政は呂布奉先を倒しました!(29日23時59分)
・2月:秦国の嬴政は新興へ攻め込みました!(29日23時59分)
【勝利】関義は魯然を倒しました!(29日23時49分)
・2月:秦国の関義は新興へ攻め込みました!(29日23時49分)
・2月:秦国の夏侯靖は新興へ攻め込みました!(29日23時45分)
・1月:【元服】無所属国の「尹淵」が元服しました。(29日23時22分)
・1月:【天命】無所属国の「尹淵」は死亡しました。享年51才(29日23時22分)
・1月:【天意】凶兆星の兆しがあります。(29日23時22分)
・1月:【支配】秦国の夏侯靖は大原を支配しました。(29日23時15分)
・1月:秦国の夏侯靖は大原へ攻め込みました!(29日23時15分)
・1月:秦国の趙恩は大原へ攻め込みました!(29日23時14分)
・1月:【天意】凶兆星の兆しがあります。(29日23時10分)
・1月:【元服】無所属国の「李充」が元服しました。(29日23時10分)
・1月:【天命】無所属国の「李充」は死亡しました。享年43才(29日23時10分)
・1月:税金で各武将に給与が支払われました。(29日23時9分)
【勝利】嬴政は呉綱を倒しました!(29日23時8分)
・12月:秦国の嬴政は大原へ攻め込みました!(29日23時8分)
・12月:秦国の関義は大原へ突撃しました!1回目(29日22時59分)
【勝利】関義は田康を倒しました!(29日22時59分)
・12月:秦国の関義は大原へ攻め込みました!(29日22時59分)
・12月:秦国の夏侯靖は大原へ突撃しました!1回目(29日22時49分)
【勝利】夏侯靖は潘宇を倒しました!(29日22時49分)
・12月:秦国の夏侯靖は大原へ攻め込みました!(29日22時49分)
・12月:秦国の趙恩は大原へ攻め込みました!(29日22時49分)
【勝利】潘覇はらん豚Fを倒しました!(29日22時36分)
・12月:秦国の潘覇は大原へ攻め込みました!(29日22時36分)
・11月:【支配】秦国の潘覇は西河を支配しました。(29日22時3分)
・11月:秦国の潘覇は西河へ攻め込みました!(29日22時3分)
・10月:秦国の薛然は西河へ攻め込みました!(29日22時0分)
【勝利】物部建角は魯異を倒しました!(29日21時59分)
・10月:秦国の物部建角は西河へ攻め込みました!(29日21時59分)
【副将】らん豚Fは呂布奉先に仕官して副将に加わりました。(29日21時32分)
【勝利】物部建角は徐徳を倒しました!(29日21時31分)
・9月:秦国の物部建角は西河へ攻め込みました!(29日21時31分)
【大日本帝国宛布告】「秦は最後に大日本帝を滅ぼし天下を平定するものである。295年に布告済み→準備期間無」秦国君主嬴政(29日21時28分)
・9月:【宣戦布告】秦国は大日本帝国に宣戦布告をしました。(29日21時28分)
・8月:【支配】秦国の孟温は平陽を支配しました。(29日20時48分)
・8月:秦国の孟温は平陽へ攻め込みました!(29日20時48分)
・8月:秦国の唐演は平陽へ攻め込みました!(29日20時43分)
【勝利】物部建角は歩訓を倒しました!(29日20時38分)
・7月:秦国の物部建角は平陽へ攻め込みました!(29日20時38分)
・7月:秦国の丁威は平陽へ攻め込みました!(29日20時28分)
・7月:【天意】無所属国の方角に流星が堕ちました。(29日20時23分)
【勝利】孟温は閻建を倒しました!(29日20時18分)
・7月:秦国の孟温は平陽へ攻め込みました!(29日20時18分)
・7月:【快復】「趙匡胤」が病から復帰しました。(29日20時8分)
・7月:【快復】「黄靖」が病から復帰しました。(29日20時6分)
・7月:【天意】無所属国の方角に流星が堕ちました。(29日20時6分)
・7月:収穫で各武将に米が支払われました。(29日20時5分)
・5月:【病気】「周班」が病のようです・・・(29日19時10分)
・1月:【天意】凶兆星の兆しがあります。(29日17時29分)
・1月:【元服】無所属国の「辛商」が元服しました。(29日17時29分)
・1月:【天命】無所属国の「辛商」は死亡しました。享年98才(29日17時29分)
・1月:【元服】無所属国の「孟徳」が元服しました。(29日17時13分)
・1月:【天命】無所属国の「孟徳」は死亡しました。享年94才(29日17時13分)
・1月:【元服】無所属国の「賈班」が元服しました。(29日17時11分)
・1月:【天命】無所属国の「賈班」は死亡しました。享年74才(29日17時11分)
・1月:【天意】凶兆星の兆しがあります。(29日17時2分)
・1月:税金で各武将に給与が支払われました。(29日17時1分)
華佗「医は仁術也・・・」華佗が新野で民の病を治療しているようです。(29日16時31分)
・10月:【ヤマト@アナラ●ザー】15時55分〜16時10分ハDATA保護ノタメ更新ヲ一時停止シマス(29日16時1分)
・8月:【病気】「黄靖」が病のようです・・・(29日14時51分)
・7月:【天意】無所属国の方角に流星が堕ちました。(29日14時21分)
・7月:【天意】無所属国の方角に流星が堕ちました。(29日14時21分)
華佗「さて、そろそろ次の地へ旅立とうかの・・・」華佗は洛陽の地を立ち去りました・・・。(29日14時21分)
・7月:【天意】無所属国の方角に流星が堕ちました。(29日14時21分)
・7月:収穫で各武将に米が支払われました。(29日14時11分)
華佗「さて、そろそろ次の地へ旅立とうかの・・・」華佗は武陵の地を立ち去りました・・・。(29日13時43分)
・4月:【快復】「李靖」が病から復帰しました。(29日12時51分)
・4月:【病気】「趙匡胤」が病のようです・・・(29日12時46分)
・1月:【天意】凶兆星の兆しがあります。(29日11時16分)
・1月:【天意】凶兆星の兆しがあります。(29日11時16分)
・1月:【天意】凶兆星の兆しがあります。(29日11時16分)
・1月:【元服】無所属国の「周班」が元服しました。(29日11時16分)
・1月:【天命】無所属国の「周班」は死亡しました。享年53才(29日11時16分)
・1月:【元服】無所属国の「曹匡」が元服しました。(29日11時16分)
・1月:【天命】無所属国の「曹匡」は死亡しました。享年52才(29日11時16分)
・1月:税金で各武将に給与が支払われました。(29日11時15分)
・12月:【快復】「蔡昭」が病から復帰しました。(29日11時14分)
・8月:【病気】「李靖」が病のようです・・・(29日9時2分)
・7月:【天意】無所属国の方角に流星が堕ちました。(29日8時28分)
・7月:【天意】無所属国の方角に流星が堕ちました。(29日8時28分)
・7月:収穫で各武将に米が支払われました。(29日8時9分)
・6月:【支配】秦国の夏侯靖は南陽を支配しました。(29日8時6分)
・6月:秦国の夏侯靖は南陽へ攻め込みました!(29日8時6分)
華佗「医は仁術也・・・」華佗が麦城で民の病を治療しているようです。(29日8時6分)
【副将】潘覇は嬴政に仕官して副将に加わりました。(29日8時6分)
・1月:【SYSTEM】物部建角の副将フラグを修正しました。(29日6時59分)
【副将】許演は物部建角に仕官して副将に加わりました。(29日6時59分)
・1月:【元服】秦国の「傅叡」が元服しました。(29日6時59分)
・1月:【天命】秦国の「傅叡」は死亡しました。享年96才(29日6時59分)
・1月:【元服】無所属国の「殷苗」が元服しました。(29日6時59分)
・1月:【天命】無所属国の「殷苗」は死亡しました。享年67才(29日6時59分)
・1月:【天命】秦国の丁威副将「胡商」は死亡しました。享年54才(29日6時59分)
・1月:【天意】凶兆星の兆しがあります。(29日6時59分)
・1月:【天意】凶兆星の兆しがあります。(29日6時59分)
・1月:税金で各武将に給与が支払われました。(29日6時58分)
【副将】周班はじいちゃんに仕官して副将に加わりました。(29日6時55分)



[ 三国志NET ]

2013/10/30/(Wed) 00:04


三国志NET Ver2.7maccyu
三国志NET★改 大福〜Gzmap Second Edition〜 Ver2.7-391β2 HOME

2005/12/10