2005/11/27

■はじめに・・・
当サイトの三国志NETはmaccyu様で配布されている三国志NET(Ver2.7)をベースに個人の趣味で少しずつ改造している無料で遊べるフリーのブラウザゲームです。常にテストを繰り返しながら手空きの時間を利用して製作を進めています。
当サイトの方針としてはなるべく初心者の方から〜大人の方でも幅広く気軽に皆さんで楽しく遊んで頂けたらと思っています。
こういった手軽にネット上で遊べるゲームは、やはりみんなでワイワイ遊ぶ方が楽しいと思います。
ですからなるべくマナーよく遊んで楽しんで頂けたらそれだけで嬉しい限りです。
遊ぶ前の注意点ですが三国志NETはPerlというCGI言語で書かれたスクリプトです。
CGIは手軽に利用できる言語ですが不安定な要素も持っています。
個人で製作している手作りのゲームですから予期せぬ事態があったり突如DATAが消えてしまったり不安定になる事もありえます。
また改造等のバグにより予期せぬ事態や手違いを引き起こしてしまう可能性もありえます。
状況によっては中断する事も考えられます。
なるべくそういった事が起こらないように注意しながらプログラムを組んで進めていますが
ゲーム専門の運営会社と違い個人では運営・サポート等どうしても限界があります。
また、ご登録頂いたメールアドレス等の情報を他社に故意に漏らす事は当サイトでは絶対に行いません。
当然情報に関しては厳重に管理して常に注意しておりますが、個人が運営してるサイトですので不足の事態が起きるかは分かりません。
こういった個人サイトにおいては各自自己責任でご参加下さるようお願い致します。
随時行われる仕様変更や修正等、また予期せぬ事故等も含め以上の点を踏まえて
予めご理解とご協力を頂いき納得された上で参加して下さるようお願い致します。

また改造については皆様から寄せられたご意見やご要望等を参考にさせて頂きながら製作しています。
ご要望やバグ報告などがございましたらこちらのBBSまでお気軽にお寄せ下さい。



■三国志NET-GzMAP Edition2-
三国志NETは無料で誰でもお気軽に参加できます。
当サイトの三国志NETはmaccyu様で配布されている三国志NET(Ver2.7)をベースに製作しています。
配布されている状態のままの三国志NETとは仕様が異なりますので詳しくは当サイトのマニュアルやBBSの報告等をお読み下さい。
開発は InternetExplorer5.5〜8、Firefox最新版、Opera最新版、Safari最新版(画像解像度1024×768)を基本に行っています。
また携帯版も各社に対応すべく製作しております。
通常使用してるPC環境なら多くの方は設定しないでそのままの状態で問題なく遊べると思います。
ただPC環境の設定でブラウザのcookieが書き込まれない状態やリファを吐かない状態のPCで遊ぶ場合は各自で設定しなおしてください。
またセキュリティソフトによってはデフォルトの状態で敷居が高めに設定しているものもあります。
PC環境は人それぞれ異なるものですので設定はマニュアルを参考にして頂いて各自の責任で行ってください。
設定等で不具合等が起きても当方では一切責任は持ちませんので予めご了承下さい。
ルーターを通した環境や会社、学校、CATV等、共有する環境では遊べない場合がありますのでご了承ください。
ゲームに参加される前に利用規約に必ず同意して頂いた上で遊ぶようにしてください。





■ ゲームの目的
このゲームは誰でも無料で参加できます。あなたは1武将となり全国を統一するために立ち上がります。ノンシナリオシステムなので史実にとらわれずプレイヤーが自由にシナリオを描くことが可能です。あなたは君主となって国を統治するもよし、君主の片腕となって活躍するもあなた次第です。

■ ゲーム操作
コマンドから実行したいコマンドを入力してください。登録されたコマンドは1ターン毎に時間間隔で上から順に実行されていきます。コマンドをある程度入力したら後は放置しておけば勝手に進んでいきます。国に対して積極的に行動すると貢献度が上がり1月、7月の収入が大きくなります。まずは内政で地盤を固めて、資金にゆとりが出てきたら他国を侵略して領土を拡大して行って下さい。そしてすべての国を制覇すると歴史に名が刻まれ再スタートとなります。大陸の支配者になれるよう全知全能を使って大陸を駆け抜けてください!


■利用規約
・当サイトの三国志NETは個人で運営しているサイトに設置されたフリーのブラウザゲームです。
・無料で誰でも簡単に遊ぶ事ができます。(課金は一切ありません)
・登録は公平を来たす為に1人1キャラクターで遊ぶように厳守して下さい。
・登録されたID・PASS等の情報を他人に教えたり、本人以外の者が操作する事を禁止します。
・1人で多数のキャラを作成、及び操作する事を禁止します。 ・兄弟で遊んでも構いません。但し同じ家から遊ぶと殆ど多重登録としてプログラムで判断され停止してしまう事があるので回避する為にも携帯認証を行って遊ぶようにして下さい。
・学校や会社から友人や同僚と一緒に遊ぶ場合も上記と同じです。
・IPによる多重制限やアクセスや行動が異常と思われるキャラクター、国は此方の裁量で停止・削除させて頂く場合もございます。予めご了承下さい。
・当サイトのメール情報を第三者に譲渡、販売する行為は当サイトでは行いません。
・また当メールアドレスより他所からのダイレクトメール、スパム、迷惑メール等を配信する事は一切ありません。
・法に抵触する行為や犯罪、暴力に関する行為により公的機関からの情報開示命令があった場合、これに従うものとします。
・良識の範囲にそぐわない行為、利用者に迷惑や不利益を与えると判断される行為を禁止します。
・公的秩序に反する行為、他人のプライバシーを侵害する行為や誹謗中傷する行為を禁止します。
・当サイトの運営の妨げになる行為を禁止します。PCの設定変更等で不具合等や不測の事態が起きても当方では一切責任は持ちません。PCの環境設定は必ず個々の自己責任の元に行って下さい。
・またいかなるトラブルや問題も当方で責任は負わないものとします。


■ゲーム上のルールとマナー
三国志NETはどちらかと言えばみんなで協力してワイワイ遊ぶゲームです♪
決して一人黙々と遊ぶゲームでは無いので遠慮せずに率先して参加して協力するようにしましょう♪
そして見知らぬ他人と協力して天下統一を目指すゲームなので最初はなるべく印象良くあいさつはきちんとしましょう♪
人が集まって遊ぶゲームですから夢中になり過ぎてゲーム内での多少の口喧嘩程度は大目にみますが、
個人を特定するような中傷をしたり脅迫するような『行き過ぎた卑劣な行為』は固く禁止します。
士道不覚悟(そりゃー流石にゲーム上ルールに書かれてなくてもズル過ぎな行為だろう)は禁止します。
勝っても負けてもみんなで楽しめるように遊んでください。
宣戦布告について
戦争時に置いて該当国への宣戦布告は行っても行わなくても構いません。
布告は各国の戦略判断にお任せしています。

同盟・密約について
同盟や密約は厳守しようと何時破棄しようと各国の戦略判断にお任せしています。


禁止事項
手紙等で他者へ暴言、誹謗、中傷を行う事や迷惑行為等を禁止します。
多重登録等の不正行為を行う事を禁止します。
プログラムのバグやシステムの欠点を故意に利用して遊ぶ行為を禁止します。
不正なアクセス及び不正なキャラの取得、及び不正な携帯認証を行う行為、携帯認証を詐称する行為を事を固く禁止します。

※利用規約及び禁止事項及びマナーを守らないものは此方の判断で予告なくキャラクター(ID・PASS)の剥奪、DATA変更、削除、及び国家の剥奪、DATA変更、削除を行う事があります。
※不正なアクセスによるキャラの取得や携帯認証を詐称する行為は法に抵触する場合があります。そのような行為は決して行わないで下さい。
※以上を同意した上でご参加下さい。



■新規登録
・三国志NETのTOPよりPCでアクセスして新規登録を行ってご参加下さい。
・IDとPASSは自動で作成されます。
・各項目を入力すると登録したメールアドレスにIDとPASSが送られて来ます。
・メールアドレスをお間違えになると後日IDとPASSの再発行が出来なくなりますので正しく入力してください。
・都や戦場では初期は建国できないので注意してください。
・初期財政は金300000米300000からスタートします。
・初期建国者は金500000米500000名声5からスタートします
・登録は1人1IDとさせて頂いてます。
・ゲームを公平で面白くする為にも1人で複数のキャラを作成したり操作する事の無い様ご協力下さい。
・PCを共有したり学校や会社等の環境によっては重複制限で遊べなくなる場合があります。
・重複制限やIPが重なってしまい兄弟や同僚等で遊べない時はそれぞれ携帯認証を行うと遊べるようになります。
・送られてきた認証メール、ゲーム内のメールはサーバーより自動で送信されるものです。そちらに直接返信されても何処にも届きません。
・キャラクターの削除依頼はご遠慮ください。
・管理人宛は当サイトの三国志NET専用BBSにてお願い致します。

■携帯電話から遊ぶ場合は?
・新規登録を行うと登録したメールアドレスにIDとPASSと一緒に携帯電話用の認証URLも一緒に送られて来ます。
・送られてきたURLにお使いの携帯電話より認証URLにアクセスして認証を行って下さい。
・新規登録時に携帯電話のメールアドレスも入力しておくと携帯に認証URLが送られて来ます。
・メールが送られて来ない場合、ID、PASS自動再発行フォームより再送信してください。
・メールがどうしても届かない場合は、お使いのセキュリティソフトやメールサーバ側の設定などで拒否してる可能性があるので設定を見直してみてください。

・認証URLを忘れてしまった方はID・PASSの再発行を行って下さい。
・認証が通ったら携帯用のTOPよりアクセスしてログインしてください。※ID・PASSの入力は要りません。

認証が通らない場合は?
携帯版は固体番号を用いて認証を行っています。
携帯の設定で固体番号を通知するように設定しないと遊べません。
現在の当サイトの対応メーカーは下記参照。

▼au系
デフォルトで固体番号が認識できるようになってますので特に設定を弄る必要はありません。
▼DoCoMo
「携帯情報(固体番号)を送信しますか?」と聞かれるので必ず送信して下さい。
また機種によっては固体番号を通知する機能があるので設定で通知するようにしてください。
▼SoftBank/Vodafone(J-PHONE)系
デフォルトで固体番号が認識できないようになっている機種が多いので設定の必要があります。
固体識別番号を「製造番号」と表記している場合があります。デフォルトで「送信しない」となっている機種が多いのでブラウザ設定等で「製造番号を通知する」に変更が必要な場合があります。
▼iPhone(SoftBank)
PCから登録した後、携帯認証を行えば携帯版、PC版共に遊べます。
WILLCOM
cookieの許可をしておいてください。
e-mobile
デフォルトで固体番号が認識できるようになってますので特に設定を弄る必要はありません。
対応してない機種は未定です。

▼その他の携帯電話について
対応してません。
また固体番号を持っていない機種では遊べません。
よほど古い機種でない限りほとんどの携帯は大丈夫です
なるべく多くの携帯には可能な限りは対応したいと思ってますのでBBSまでご連絡下さい。


携帯電話対応表
お手持ちの携帯電話がゲームに対応しているか調べたい場合は下記のURLへアクセスして下さい。携帯からアクセスすると直接確認できます。
▼携帯電話対応表
http://gz.topaz.ne.jp/cgi-bin/sangoku2/keitai.cgi


固体番号って?
携帯の固体を識別するシリアル番号です。電話番号や個人情報が分かると言う事は絶対にありません。
アダルトサイトとかでの詐欺に使われた事ですでに有名ですが、
携帯でぁゃιぃ所へワンクリックでいきなり固体番号を取得表示されて
「個人情報抜いたぞゴルアー金払え〜!」って表示されても「イヤ♪」とスルーして全然OKです(笑)
簡単に個人情報は抜けませんのでご安心下さい(笑)
お手持ちの携帯電話の固体番号を知りたい方は下記のURLへ携帯よりアクセスして下さい。
▼固体番号表示ワンクリックデモプログラム
http://gz.topaz.ne.jp/cgi-bin/sangoku2/one-check-demo.cgi
テストがてら遊びで作ったものなので少しふざけてますが(;´Д`A ```
詳しく知りたい方は各メーカーの資料を御覧ください。

▼モバイル機器について
モバイル機器で遊ぶ場合は携帯認証が必要になります。
全てのモバイルに対応しているかは不明ですが携帯で認証を済ませるとPSP等でも遊べるそうです。
一部のプロバイダからの接続はモバイル扱いされる事があります。モバイル扱いになった場合は携帯認証を行って下さい。



■環境設定について
当三国志NETは画像解像度1024×768)を基準に製作しています。
推奨ブラウザ
InternetExplorer5.5〜8
Firefox最新版
Opera最新版
Safari最新版

cookieの設定例
ブラウザのcookieは必ず書き込める状態に設定してください。
InternetExplorerのcookie設定例
「IE」→「ツール」→「プライバシー」→「中→高」以下
セキュリティソフト等でcookieの設定をしている場合はcookieを許可して下さい。


■Firefox3におけるcookieの削除現象 〜
BBS報告より
>Firefox3である日突然cookieが削除される原因が分かりましたので報告して起きます。

>症状:ブラウザの設定や、ウィルス監視ソフトの設定はcookie設定は残すにしていても削除されてしまう。
>(全てのアドン無効でも発生。アドオンが原因で無い場合)

>対策;WinXPの場合
C:\Documents and Settings\<ユーザ名>\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\<プロファイルフォルダ>
内の”cookies.sqlite”を削除する。

>念のためcookies.sqliteを別フォルダに保存しておくなど自己責任でお願いします。
>FOX3使用の方が同じ症状に陥ったときご活用ください。


ゲームが正常に遊べない場合は?
セキュリティソフトやブラウザ等でREFERER(リファラ)やcookieを遮断したり削除しないように設定してください。
REFERER機能を無効にされますと『アドレスバーに値を入力しないでください。』とエラー表記が出たり、プログラムが正しく認識できなくなり遊べなくなる場合があります。
セキュリティソフトやファイアーウォールなどでcookieの書き込みやREFERERを遮断されてる方は許可するようにしてください。


プロキシ経由のアクセスはできません
プロキシなどを通して接続をすると遊べない場合があります。
各自設定でプロキシを外してくださるようお願い致します。
特にフリーのプロキシは使用を禁止しています。使用が発覚したキャラクターは停止します。



■多重登録とフリープロキシの使用禁止
GzMAPの三国志ネットでは多重登録等の不正行為防止の為、プログラムで多重登録者を発見すると自動で停止します。
多重登録による停止、並びにIP重複による停止は基本的に解除致しません。
登録は公平を来たす為、1人1キャラを厳守して下さい。
会社、学校、公共施設、一部のCATV系プロバ、ネカフェ等、ルーターで分岐する環境下で遊ぶとIPが他者と同じになり、重複登録の制限にかかる場合があります。
重複制限で遊べなくなってしまう場合は携帯認証を行って下さい。
※IPによる多重制限になった場合、携帯認証をしていても此方の裁量で停止・削除させて頂く事もあります。
フリーのプロキシの使用は殆どがセキュリティ目的ではなく、荒し目的や不正な目的での使用が多いのでフリーのプロキシの使用が発覚した時点でキャラの使用を停止に致します。
また、当三国志NETを生IPから遊んでもなんら問題は無く、セキュリティ上からもフリープロキシを使用する方のが危険が多く、ゲーム内で使用する理由にはならないのでフリープロキシの使用を特に禁止します。
予めご了承下さい。

cookieの再発行
cookie情報に何も無い場合cookieをプログラムの方で再発行します。
またcookieの書き込み(読み込み)を禁止したり削除してしまってもログイン時に再発行されます。
再発行は5回以上すると遊べなくなるので注意してください。


■ID・PASSを忘れてしまった時は?
登録時に使用したメールアドレスを下記のURLより入力して下さい。
IDとPASSが登録したメールアドレスに送られて来ます。
また携帯認証用のURLも一緒に送られてくるので携帯認証を忘れた方も此方を利用して下さい。
▼ID・PASS再発行用フォーム
http://gz.topaz.ne.jp/cgi-bin/sangoku2/mail_request.cgi



■ ログイン画面
ログイン画面はカスタムモードとデフォルトモードの2種類があります。
ログイン時に各画面モードにチェック入れてログインすると切りかえてログインできます。
通常は負荷軽減と自動更新のあるカスタムモードを推奨しています。

カスタムモード画面(2004/12/6)

InternetExplorer(画面解像度1024 x 768推奨)
フレーム分割方式、手紙・メイン画面自動リロード機能、自動更新機能付
負荷軽減と手紙機能(チャット)を重視して操作軽減を目指した作りになっています。
ログイン時にTOP画面のカスタムモードにチェックを入れてアクセスしてください。


デフォルトモード画面(2004/12/12)
通常の三国志NETに近い画面です。カスタムモードがどうしても慣れない方や環境で表示が崩れてしまう方は此方をお使い下さい。
ログイン時にTOP画面のデフォルトモードにチェックを入れてアクセスしてください



■武将ステータス
基本となる3つのパラメータです。初めにプレイヤーが自由に設定することが出来ますが、どれも重要なので慎重に決めるようにして下さい。
最小で5、最大で100の間で設定することができます。
格差を付けた極端なパラメータの振り分けは当サイトの仕様上からお奨めしません。
また極端なパラメータで極端な育て方をすると後半になって活躍できない場合があるので、最初はある程度のバランスを考えながら振り分けて育てる事をお奨めします。


■武力
武力型の兵科を使用した時や武力を必要とする特殊攻撃時にも効力を発揮するようになります。
また戦闘時に兵全体の基本攻撃力にも多少影響します。

■知力
内政のコマンドの効果が大きくなります。
知力型の兵科を使用した時や計略、知力を必要とする特殊攻撃時にも効力を発揮するようになります。
また戦闘時に兵全体の基本防御力にも多少影響します。

■統率力
雇える兵士数が多くなります。兵は最大で統率力×100人まで雇う事ができます。
統率力は訓練時に多くの効果を上げることができます。
統率型の兵科を使用した時や統率力を必要とする特殊攻撃時にも効力を発揮するようになります。


■人望
民の米を施すときに人望が高いと多く上がります。
人望型の兵科を使用した時や人望を必要とする特殊攻撃にも効力を発揮するようになります。


■名声
名声が上がると上位の名声を必要とする兵科を雇う事ができるようになります。
また水軍提督等の役職に就任する場合も必要になります。
名声は戦争で勝つ事により上がり負ける事によって下がります。
各種イベントで上下する事もあります。


■悪名
悪名は隠しパラメータとなっていて表示されません。
武将の行動如何により上下します。
悪名が高まると各イベント時によからぬ事が起こるかもしれません。


■忠義(忠誠度)
君主に対しての忠誠心や武将の義侠心を表します。自分で忠義を決める事は出来ません。
忠誠は時々の操作やイベント等で上下します。
忠義が高い場合、寝返り時に失敗する事があります。逆に低いと寝返りが成功しやすくなります。
戦闘時には使える兵の士気にも影響します。
忠義による士気は訓練で上がる士気と違い戦闘中の兵のやる気といったバロメータになっています。
忠義心の厚い武将は兵達から信頼され戦闘中にやる気が高まりますが、忠義心の薄い武将には兵も忠節が無くなりやる気を失います。
忠義は役職の任命、解任でも影響を受けます。
褒美や給与を受けると上がる事があります。
武将が死亡すると忠義は下がります。
また君主の死亡や交代があっても忠義が大きく下がります。

■年齢
年齢は毎年1月に更新されます。
寿命が来るとその武将は死亡し新たに後継者が登場します。
後継者入力しておくと新しい名前で引き継がれます。
死亡するとパラメータが若干減少します。
まれに上昇する事があります。



■天命
キャラクターには持って生まれた天命という隠しパラメーターが存在します。
キャラクター誕生時に天命が決定され基本的な寿命が決定されます。
寿命の1年前に兆しが現れ半年前に天命の来る武将の居る国の方角に流星が落ちます。
翌1月に寿命が来た武将は死亡し生まれ変わります。
新たに誕生した武将はまれに短命や長寿になる事があります。
特殊イベント発生時に変動する場合があります。


■仕官年数
国に仕官した年数です。毎年1月に更新されます。
君主は在位年数です。放浪中はどの国にも所属しない放浪年数を表します。
新たに仕官したり生まれ変わるとリセットされます。


■各種経験値
武力、知力、統率力、人望の各ステータスは各経験値を満たすと各1上昇します。
各必要経験値は武力+知力+統率力の総合値が上がるにつれて多く必要となります。
人望のみ人望の値によってだけ必要経験値が加算されます。
武力EX・・・軍事系の行動を行う事によって上昇します。
知力EX・・・内政等の行動を行う事によって上昇します。
統率EX・・・軍事系や移動等の行動を行う事によって上昇します。
人望EX・・・民に施しを行う事によって上昇します。まれにイベント等で上がる事があります。

■貢献値
国に対して貢献すると上昇していきます。あまり国に対して貢献割合の少ない行動を取ると上昇値が下がります。
貢献した分だけ1月と7月に報酬として国から支払われます。
※貢献が50以下で報酬が減少し0の場合は支払われません。


■階級
貢献が上がると階級も上昇していきます。どれくらいその国に貢献したかのバロメータです。
階級が上がると自分の収入も増えます。
GzMapEditionでは階級は現在全131あります

▼全階級一覧 2004/10/01
1.雑兵
2.一兵卒
3.兵副隊長
4.兵隊長
5.兵率長
6.部隊長
7.親衛隊
8.親衛隊長
9.近衛兵
10.近衛兵長
11.太子衛率長
12.副校尉
13.戊己校尉
14.諸陵食官令
15.諸廟寝園令
16.太医令
17.太卜令
18.太宰令
19.太祝令
20.太楽令
21.侍御史
22.謁者僕射
23.車将
24.戸将
25.騎将
26.太中大夫
27.太子衛率長
28.太子僕長
29.太子家令
30.太子率更令
31.中書謁者令
32.尚書令
33.正監
34.右平
35.左平
36.虎賁郎
37.馬都尉
38.奉車都尉
39.西域都護
40.司寇都尉
41.護軍都尉
42.虎賁中郎将
43.五官中郎将
44.右中郎将
45.左中郎将
46.虎賁校尉
47.射声校尉
48.胡騎校尉
49.長水校尉
50.越騎校尉
51.歩兵校尉
52.屯騎校尉
53.中塁校尉
54.城門侯
55.城門校尉
56.司隷校尉
57.主爵中尉
58.左馮翊
59.京兆尹
60.水衡都尉
61.典属国
62.長楽少府
63.大長秋
64.中尉
65.少府
66.宗伯
67.典客
68.廷尉
69.太僕
70.衛尉
71.郎中令
72.太常
73.牙門将軍
74.討逆将軍
75.破虜将軍
76.討虜将軍
77.征虜将軍
78.盪冦将軍
79.鎮遠将軍
80.安遠将軍
81.興業将軍
82.秉忠将軍
83.軍師将軍
84.副軍将軍
85.綏軍将軍
86.翊軍将軍
87.護軍将軍
88.鎮軍将軍
89.建信将軍
90.建武将軍
91.綏武将軍
92.振威将軍
93.揚威将軍
94.揚武将軍
95.輔国将軍
96.輔漢将軍
97.安漢将軍
98.平北将軍
99.平南将軍
100.平西将軍
101.平東将軍
102.安北将軍
103.安南将軍
104.安西将軍
105.安東将軍
106.鎮北将軍
107.鎮南将軍
108.鎮西将軍
109.鎮東将軍
110.征北将軍
111.征南将軍
112.征西将軍
113.征東将軍
114.右将軍
115.左将軍
116.後将軍
117.前将軍
118.大司農
119.衛将軍
120.右車騎将軍
121.左車騎将軍
122.右驃騎将軍
123.左驃騎将軍
124.大将軍
125.列将軍
126.中丞
127.大司空
128.大司馬
129.丞相
130.太傅
131.相国


■Cookie
cookieの再発行回数です。5回以上発行されるとログインできなくなりますので注意してください。

■戦歴
過去の対戦成績です。
敵将を倒すと1勝カウントされます。占領は支配回数にカウントされます。
撃退や退却は引き分け扱いになります。
倒した武将数に応じて上位の将軍職に就任できるようになります。

■所属
仕官国(就任国)、役職名、所属部隊名を表します。

■資産
金・・・物を買ったり兵士を雇うときに使用します。1月の税金と褒賞で増えます。
米・・・兵士を雇う時に必要になります。兵士を維持している分だけ毎月雇用した兵の1/10の米を消費していきます。米が支払えなくなると兵は脱走します。


■都市DATA
国を支えるのは農民で農民の協力無しでは国は継続できません。
都市が豊かになると国の財政も潤い他国への侵略がしやすくなります。

■農民
その都市に住む人の数。1月と7月の収入に関係しています。兵を雇うとその都市の人口は減少します。
人口が増えると国民が食べる米も多く必要になります。農地の開墾は優先的に行うようにしましょう。

■農業
7月の収穫に影響してきます。農業は兵や農民を維持するためにも重要です。
農民が多くても農業地が無いと収穫が無く農民が食べる米も無くなり疲弊していきます。
農業が発展しているとたくさんの米を収穫できることでしょう。

■商業
1月の給与に影響してきます。商業が発展しているとたくさんの金を貰えることでしょう。

■城壁
敵国の侵略時に城の守備がいない場合、城壁に居る城兵が敵国の侵略を防いでくれます。0になるとその都市は奪われます。
城壁耐久度によって城兵の強さが変わります。


■城壁耐久度
城兵が敵国の侵略を防ぐ時の強さに関係します。最高値は999です。
雑城兵・・・・・城を守る為にかき集めた雑兵(0〜99)
一般城兵・・・守備用に基本訓練をした兵。罵声を行う事がある(100〜299)
城門兵・・・・・弓で備えた兵。強力な弓攻撃を行う(300〜499)
護衛城兵・・・城を守る専門の訓練を受けた兵、弓、火弓を行う(500〜699)
親衛城兵・・・城を守備する精鋭兵。弓、火弓、落石が行う(700〜899)
近衛城兵・・・選ばれたエリート兵。落石、投石器など多彩な攻撃を行い守備に貢献する(900〜999)

■民忠誠度
人民の心をどれだけ掌握しているかのバロメータです。この値が低いと1月7月時に農民数が減少していきます。高いと農民が増加していきます。
20以下になると農民に拒否されて徴兵ができない時があります。収入にも影響してきます。

■技術力
技術力を上げると雇える兵科が増えるようになります。

■地形
都市の地形を表します。地形は戦時に影響します。

■守備
城内の守備状況を表します。
城内での戦闘は城の地形効果を得られます。
城内での戦闘は篭城戦扱いとなり内政値に影響を与えます。
城内の守備がいなくなり城壁を破られると占領されてしまいます。


■着陣
城外の守備状況を表します。
城外での戦闘は内政値に影響を与えません。

戦闘はそれぞれの地形にあった効果を得られます。
戦闘は陣形効果も得られるようになります。
着陣した武将は城内の守備者より優先的に戦闘を行います
場外で着陣してる武将がいない場合は城内戦に移行します。



■On-line
仲間の武将がログインするとオンラインに表示されます。
携帯でアクセスすると武将名に武将名と表示されます。
モバイル機器でアクセスするとM:武将名と表示されます。

■コマンド
自国以外の都市では「移動」と「仕官」しかできません。
仕官は何処の国にも属していない人のみ実行可能なので国に所属してる人は移動のみになります。

■コマンドの基本操作
コマンドは基本的に数字を選択して入力します。基本的に各数字は各月に反映します。
Ctrlを押しながら数値を選択すると複数同時に選択できるようになります。
ALL・・・ALLを選択してコマンドを入力すると全部に反映します。
偶数・・・偶数を選択してコマンドを入力すると偶数月に反映します。
奇数・・・奇数を選択してコマンドを入力すると奇数月に反映します。
ループ入力・・・数値を選択してループ入力を選ぶと選択した数値の月を繰り返し全てに反映されます。
CHANGE・・・1番目と2番目のコマンド指定が違う場合のみ表示されます。1クリックするだけで自動で1番目のコマンドを破棄して次のコマンドに変えてくれます。※カスタムモード版のみ

何もしない
そのターンを何も実行しません。
何もしないと忠誠度がさがってしまいます。
このコマンドが設定回数連続で実行されると自動削除されます。
登録開始時は10ターンで削除されますので気をつけてください。


- 内政 -

■農業開発
都市の農業地を開発します。農業値が上昇すると7月の収穫が大きくなります。金50必要です

■商業発展
都市の商業地を発展させます。商業地が上昇すると1月の収入が大きくなります。金50必要です。

■城壁強化
城壁を強化します。城を守る兵士がいなくなったとき、城壁が相手の侵入を防いでくれます。城壁(城兵)が0になった時点でその都市は奪われます。城壁の値によって攻城戦時に守る兵士が増えます。金50必要です。

■城壁耐久力強化
城壁耐久力を上げます。耐久力が上がると、攻城戦時に守る兵も変わっていきます。金50必要です。

■城壁増築
城壁の最大値を上げます。最大値はそれぞれ戦場:1000、城:1500、都:3000、関所:5000まで上げる事ができます。
増築には金1000必要です。

■米施し
民忠を上げます。民忠が低いと1月7月に農民が減少していきます。施しには米50必要です。


- 軍事 -

■徴兵
兵士を雇います。最大で統率力分だけ雇うことが出来ます。徴兵すると農民と民忠が減少します。
兵科によっては技術や名声、特定の条件を満たしていないと雇うことができません。

■兵士訓練
兵士を鍛えます。訓練度をして士気を高めると戦闘時に与えるダメージが大きくなり守備力も上がります。
また士気が高いと兵士が殉死する割合を下げ負傷兵で留める事が出来ます。
負傷兵は一ヵ月後に回復して復帰します。
士気値の最高値は200で訓練で上げられるのは100までです。(歩兵系は120まで)

城の守備
城を守ります。守備を実行しないと相手国から攻められたときに城壁を攻撃されてしまうので出来るだけ守備につきましょう。
兵士数が多いほど守備に入った時の貢献度は多くなります。逆に少ないと入りません。
城内で守備できないユニットや兵0では守備は出来ないので注意して下さい。

場外で布陣
城外で陣形を敷き守備に付きます。
場外に守備がいないと相手国から攻められたときに城を攻撃されてしまいます。
兵士数が多いほど守備に入った時の貢献度は多くなります。逆に少ないと入りません。
兵0や対応していないユニットでは守備が出来ないので注意して下さい。


■戦争
隣接する都市にのみ攻撃をします。倒した都市は自国のものにすることができます。
建国後数年間は攻めることも攻められることもありません。


■褒美
貯めた名声を褒美として金や米として国庫から受け取れるようになります。

- 部隊 -

■集合
部隊長は集合コマンドを使用すると隊員を同じ場所に集めることができます。
集合時に集められた武将の守備は外れます。
(部隊長は外れません)


■行軍
部隊長は行軍コマンドが使用できます。
行軍コマンドを部隊長が実行すると隊長のターン実行時に隊員にもコマンドが反映して順番に移動させる事が出来ます。
行軍には米を0消費します。


■進軍
部隊長は進軍コマンドが使用できます。
進軍コマンドを部隊長が実行すると隊長のターン実行時に隊員にもコマンドが反映して順番に攻撃させる事が出来ます。
進軍には米を消費します。





- 商人 -

米売買
米を金に換えたり、金を米に換えてくれます。各都市にはレート(相場)があるのでよく見極めて売買してください。
レートは毎月少しずつ変わり1月7月に大きく変動する事があります。


武器購入
めったに見ることの出来ない貴重な武器を販売しています。武器を装備すると武力が上昇します。ちょっと値段もお高めです。

■書籍購入
めったに見ることの出来ない貴重な書籍を販売しています。書籍を装備すると知力が上昇します。ちょっと値段もお高めです。


- 諜略 -

■登用
他国の武将を引き抜くことが可能です。相手が応じるとその武将を自国に引き抜くことができます。

■援軍要請
他国の武将に援軍を要請する事が可能です。相手が応じると援軍が来てくれる事でしょう。

- 移動 -

移動
隣接する他の都市に移動することができます。移動先が相手国の場合敵国の情報を入手することが可能です。
領地外にいる場合や在野武将は使用できるコマンドも限られます。
守備をして兵が多い状態で移動すると貢献値が多く入りますがその際に多くの米を消費します。


■仕官
自国が滅んでしまった時、新しく仕官することが可能です。よく国を選んでから仕官してください。

■寝返り
所属する国を裏切り他国に仕えます。
寝返りに失敗して衛兵に捕まると強制的に六ヶ月間投獄されます。
寝返りの成功は役職や忠誠度にもよります。


■下野
所属する国を去り在野に下ります。
在野に下ると資産や名声等が減ります。
下野するには名声が必要です。
役職によっても必要名声が異なります。


- 情報-

■会議室
その国の話し合いを行います。
ここに書かれている事は他国には漏れないので連絡事項として書いておくといいかもしれません。


■国法
国の法律です。同盟状況や国の規則を書いておきます。
新しい国に仕官した場合は必ず参照しましょう。


■手紙
外交に使用したり、国内で話し合ったりできるように手紙を送ることができます。
上手く利用してコミュニケーションに役立てて下さい。


■国情報
自分の所属している国の情報が参照できます。

■君主即位
君主が期限切れ等で削除されてしまい、君主が不在の国に限り、国データの情報内に即位コマンドが現れます。
即位すると新しく君主になれます。即位時に国色と国名も変更する事ができます。
※クーデター

君主が援軍で遠征中に国を空けると国データの情報内に即位コマンドが現れます。
名声と悪名が高い配下武将はこの時に君主に即位し成功すると自ら君主になれます。援軍中の君主や武将達は追放されます。
クーデターで国を乗っ取ると所属している武将全員の忠誠が0になり、悪名が更に高まります。


■君主隠居
君主は隠居して国の主を放棄する事ができます。隠居した君主は全ての名声を捨て去り、一部の資産を残して次の代のキャラクターに変わり一般武将の身分で国に使えます。君主が隠居すると君主不在の国になります。

■指令
任命・解任・・・君主、軍師、副軍師、水軍提督は指令で将軍や武官、文官を任命や解任することができます。1度任命すると最低6ヵ月間は変更できなくなります。任命や解任は実行時に忠誠度にも影響します。
投獄・・・指定した期間、武将を牢屋に閉じ込めておく事ができます。投獄された武将はその間一切の操作が無効になります。また獄中に長くいると忠誠度が減るばかりか、寿命にも影響を与えます。投獄された武将は放免する事もできます。

追放・・・国から追放します。追放された武将は名声、財産、階級値が減少します。
財産没収・・・国の武将の全財産を没収して追放します。追放された武将は名声、階級値が減少します。
斬首・・・武将を斬首します。斬首された武将は死亡します。(その後国から追放され名声、財産、階級値が減ります。)

一族郎党皆殺し・・・武将の一族を斬首します。斬首された武将はキャラクターが削除されます。斬首する相手より名声が高くないと行えません。君主のみが使用できます。荒し等で仕方ない場合のみに使用するようにして下さい。遊び半分での使用を禁じます。

■国庫金(テスト中)
国庫金は国の資産を表しています。
国庫に入る税収(金)は各都市の収入に応じて年間税収/12が毎月国庫金として貯蓄されていきます。
米は7月に収穫されて一度国庫に備蓄されます。
給与は1月と7月に国庫から武将に支払われます

国庫金の最大値は国が保有している商業価値に応じます。

■滅亡
滅亡すると所属していた武将は全員在野武将の身に落とされ放浪しながら新しい国に仕える事になります。
また自国が滅亡すると所属している武将全員の名声、資産等が滅亡ペナルティとして減少します。


-役職一覧-

▼軍師
水軍提督 −1名− 荊州を8郡、又は揚州を8郡以上支配していると任命できます。軍師権限に加え全ての軍事能力(特に水軍)が上がります。 ※名声50以上必要
軍師 −1名− 指令権、全任命権、外交権、追放権、全ての軍事能力と内政力がアップします。
副軍師 −2名− 将軍、武官、文官任命権、外交権、追放権、全ての軍事能力と内政力がアップします。
▼大将軍職・・・全ての軍事能力が大幅に上がります。
五虎大将軍 −1名− 全ての軍事能力がアップします。80人以上倒した武将のみ任命可。
五虎将軍 −4名− 全ての軍事能力がアップします。50人以上倒した武将のみ任命可。
▼将軍職・・・将軍職に付くと全ての軍事能力が武官職より上がります。
列将軍 −1名− 全ての軍事能力がアップします。30人以上倒した武将のみ任命可。
驃騎将軍 −1名− 全ての軍事能力がアップします。25人以上倒した武将のみ任命可。
車騎将軍 −1名− 全ての軍事能力がアップします。25人以上倒した武将のみ任命可。
衛将軍 −1名− 全ての軍事能力がアップします。20人以上倒した武将のみ任命可。
前将軍 −1名− 騎馬系兵科の能力が特にアップします。15人以上倒した武将のみ任命可。
後将軍 −1名− 騎馬系兵科の能力が特にアップします。15人以上倒した武将のみ任命可。
左将軍 −1名− 弓兵系兵科の能力が特にアップします。10人以上倒した武将のみ任命可。
右将軍 −1名− 歩兵系兵科の能力が特にアップします。10人以上倒した武将のみ任命可。
▼武官職・・・武官職に付くと全ての軍事能力が若干上がります。
歩兵校尉 −1名− 神鬼兵を除く全ての歩兵系兵科の能力が特にアップします
屯騎校尉 −1名− 軽騎馬兵、精鋭騎兵、重騎馬兵の能力が特にアップします。
越騎校尉 −1名− 軽騎馬兵、精鋭騎兵、近衛騎兵の能力が特にアップします。
長水校尉 −1名− 精鋭歩兵と水軍系兵科の能力が特にアップします。
胡騎校尉 −1名− 槍兵、精鋭歩兵、弓兵、軽騎馬兵の能力が特にアップします。
虎賁校尉 −1名− 兵車、弓兵、強弩兵の能力が特にアップします。
射声校尉 −1名− 弓兵、強弩兵、連弩兵の能力が特にアップします。
護軍都尉 −1名− 槍兵、護衛兵、近衛兵、近衛騎兵の能力が特にアップします。
▼文官職
尚書令 −1名− 外交権と文官、武官の任命権が与えられ他国への手紙が可能になります。
衛尉 −1名− 城壁耐久度の能力が上がります。
均輸令 −1名− 商業開発の能力が上がります。
太倉令 −1名− 米施し時に民忠が上がりやすくなります。
籍田令 −1名− 農業開発の能力が上がります。
若盧令 −1名− 技術開発の能力が上がります。


役職による能力
役職に任命された武将は役職によって得意兵使用時の能力が加算されます。
※将軍、武官でも得意兵種以外の兵種でも若干能力が加算されます。各役職の能力加算率は下記参考。

君主・・・約15%(近衛兵、近衛騎兵使用時更に加算)
水軍提督・・・約25%(水軍系兵科使用時更に加算)
軍師・・・約15%(兵車使用時更に加算)
副軍師・・・約10%(兵車使用時更に加算)
五虎大将軍・・・約35%
五虎将軍・・・約30%
列将軍・・・約25%
驃騎将軍・・・約20%
車騎将軍・・・約20%
衛将軍・・・約15%
前将軍・・・約10%〜
後将軍・・・約10%〜
左将軍・・・約7%〜
右将軍・・・約7%〜
校尉・・・約3%〜

※加算率はあくまでも参考程度の資料です。実際の計算では複雑に要素が絡み合うので状況によっては資料と異なる効力を発揮する事もあります。


指揮による能力
指揮は各兵種を使用した時の総合能力に影響します。
歩兵系、騎馬系、弓系、水軍系、特殊系と各指揮値に分かれそれぞれのユニットを使用した時に影響を与えます。
S〜FまでありSは五虎大将軍に匹敵する能力になります。
行動したり訓練したりすると使用した兵種の経験が少しずつ貯まってランクアップしていきます。
戦争で経験を積むと早く経験値が貯まってランクアップしていきます。
また階級が上がった時にたまにランクアップする事もあります。


-兵科一覧例-

種類 攻撃力 防御力 名声 雇用金 説明
雑兵 E E 0 0.4 農民から雇った軍事訓練されてない兵。訓練度が100になると一般兵になる。 ×
義勇兵 D E 0 0.8 農民から募った義勇心あふれる兵。徴兵時に民忠が減らない。占領時には民忠が回復する。各都市の民忠によって士気が左右される特徴がある。山賊兵、近衛兵に強い。※特殊有 × ×
一般兵 C C 0 1 一般的な訓練された兵、計略効果がUPする。弓兵と攻城兵器に強い。訓練度が120に達すると精鋭歩兵になる。
山賊兵 C F 0 1.5 山賊を兵として雇います。当然山岳戦を得意としているが占領時には民忠が下がる。神鬼兵に特に強い。山岳地で能力++※特殊有 × ×
槍兵 B C 0 2.5 槍や戟矛で構成された兵 軽騎馬兵と近衛騎兵に強い。※対騎馬時に特殊有 平地時能力+ ×
護衛兵 D B 0 3 攻撃よりも防衛戦を得意とする守護兵。城・関所防衛時に能力++ ×
弓兵 C C 0 3 矢を放ち攻撃する弓隊で構成された兵、槍兵、護衛兵、軽騎馬兵に強い。都・城、関の防衛時に訓練度に応じて守備力+※特殊有
軽騎馬兵 B B 5 3.5 機動力の高い騎馬で構成された兵、山岳戦も率なくこなせる。山賊兵、護衛兵、兵車、象兵に強い。※特殊有 × × × × ×
精鋭騎兵 B A 10 3.9 軽騎馬兵の中で精鋭を集めた部隊。槍兵、精鋭歩兵、近衛兵、近衛騎兵に強い。戦場で能力++ × × × × ×
走舸 C C 0 4 2人ほどで操り巡視艇の役目もした小型の船。城内の守備時や陸上では水軍歩兵となる。※河川時能力++ 特殊有 × × × × ×
蒙衝 B C 10 6 猛スピードで突入し敵船を破壊する小型の船。城内の守備時や陸上では水軍精鋭兵となる。※河川時能力++ 特殊有 × × × × ×
木獣 B B 15 5 孔明が南蛮との戦の時に発明した火炎を吐く兵器。獣の衣をかぶせて仕様した。猛火油櫃とも言う。猛獣兵と象兵、南蛮系歩兵に強い。※特殊有 × × × × ×
衝車 C E 0 3.5 主に門などを突撃して破壊するために持ちいる。城、関、都の攻城戦時に能力を発揮する。攻城戦時に能力++※特殊有 × × ×



■ユニットを効率良く使いこなそう
GzmapEditionでは兵が紹介した他に沢山の特徴のあるユニットが登場します。
上記の表に記載されてる兵科はほんの一部です。
また名声や特定の条件を満たないと使えない隠しユニットなども多数ありますので探してみて下さい。
各兵にはそれぞれ得意な地形、苦手な相手がいます。
そして型という自分のスキルにあった兵科(武力型、知力型、万能型、人望型)も考えると効率がよくなります。
兵によっては特殊攻撃も備えているのでまずは自分の好きな兵を使いこなしてみましょう。
貧弱な兵でも型や地形効果、得意相手、特殊技能によって強敵に打ち勝つ事も可能。
ただし例え自分のスキルの型に合う兵種を選んでも他のパラメータを無視しては強くなれないのである程度はバランスよく武将を鍛える事がポイントです。
ユニットによっては守備できる場所が決まってるものや守備ができないユニットもあるので注意してください。


騎馬兵科の特徴・・・騎馬で勝利し兵がさらに65%以上残っていると再攻撃(突撃)して15ターンだけ攻撃します。突撃後、条件を満たしていると更に再突撃します。(野戦時)
弓兵系兵科の特徴・・・特定の守備時に訓練度によって防御力が変化します。
歩兵兵科の特徴・・・地形を選ばずオールマイティに戦えます。攻城戦で勝利し兵がさらに65%以上残っていると1度だけ再攻撃して15ターン攻撃します。
水軍兵科の特徴・・・水辺の地域で無類の強さを発揮します。水軍戦に船は欠かせないユニットです。陸地では船を下りて地上ユニットになります。
他にも兵科によって様々な特徴を兼ね備えているので使いながら自分に見合った兵科を探してみてください。

平・・・平地で戦闘した時の地形効果の地形効果を表します。
山・・・山河地で戦闘した時の地形効果の地形効果を表します。
水・・・河川で戦闘した時の地形効果の地形効果を表します。

関・・・関所で守備した時の地形効果の地形効果を表します。
城・・・城内で守備した時の地形効果の地形効果を表します。
都・・・都の城内で守備した時の地形効果を表します。
型・・・武将の各パラメーターとユニットのスタイル的な相性を表します。
陣・・・ユニットが城外で着陣(守備)を行う事が可能かどうか表します。

守・・・ユニットが城内で篭城(守備)を行う事が可能かどうか表します。



■負傷兵
兵を率いて戦闘すると倒された兵が死亡します。この時に士気が高いと負傷で済み生き残る率が高まります。
負傷兵は続けて戦闘に参加できませんが一ヶ月後に回復して貴方の元で戦ってくれる事でしょう。



■イベント

給与
毎年1月に発生します。商業値と農民数と貢献に応じて金が支払われます。
武将数が多いとその分取り分も減ります。貢献は0になりますが階級値は上がります。(階級値は表示されません)

俸禄
毎年7月に発生します。農業値と農民数と貢献に応じて米が支払われます。
武将数が多いとその分取り分も減ります。貢献は0になりますが階級値は上がります。(階級値は表示されません)

いなご
農地を食い荒らします。農業値が減少します。

洪水
都市が水浸しになります。商業地、農業地、城が下がります。

疫病
民が原因不明の疫病にかかります。都市の人数が減少します。

豊作
農業地が潤います。

大地震
商業地、農業地、城が下がります。

商店の賑わい
商業地、人口が増加します。


- オプション -

早馬機能 2006/09/08
早馬機能を設定しておくと携帯電話等のメールアドレスにメールでリアルタイムに報告が自動で送られてきます。
戦争、内政、コマンド切れ等の各種設定をしておくとメールで報告が入るようになります。
また伝令機能を使いたい場合は伝令設定を此方で行ってください。

伝令 2006/09/08
国内の武将に直接Eメールを送ることができます。
メールアドレスはお互い非公開のままEメールで送信します。
非公開でサーバー側から送信するのでお互いのメールアドレスが知られることはありませんが直接携帯等にEメールを送るので相手方に迷惑のかからないように使って下さい。
伝令機能を使う為にはメールの受け取り側の武将が早馬機能で伝令許可設定とメールアドレスの登録、個別の許可設定を予め行っておく事が必要です。


■援軍機能

▼援軍までの流れ
援軍要請の密書→承諾→移動→要請国到着後所属→移動→帰国

援軍の基本は歩いて移動、歩いて帰国です。
集合等で一気に援軍先に駆けつける事はできません。
援軍は援軍要請の密書を送り、相手が承諾すると援軍として駆けつけてくれます。
承諾すると援軍移動中モードになり母国でのコマンドが制限されます。
君主も援軍に向かえます。
君主が援軍に向かって母国を出てしまうと名声と悪名がある程度ある母国の武将は国を乗っ取りる事が可能になります。
乗っ取られると援軍を承諾した者全員在野に落ちてしまいす。
援軍を承諾すると援軍を求めた国に一歩一歩コマを移動して駆けつけなければなりません。
承諾した場合一度は領地内を歩いて出なければいけません。
移動中にもし要請国が滅亡した場合一歩一歩コマを移動して帰国しなければいけなくなります。
派遣先に移動しないまま帰国してしまうと名声が減少します。
要請国に到着すると援軍到着モードになり要請国で援軍として参戦する事が可能になります。
援軍中は寝返りや登用、下野は出来ません。
相手の国に到着すると援軍として参戦する事が可能になります。
援軍中は派遣された国から給与をもらう事になります。(通常の1.5倍)
援軍中は米の消費量が大きくなります。
援軍中は忠誠度が上がる事は殆どありません。
援軍先では母国の役職が適用されますが権限は使用できません。戦闘時による役職の補正効果は通常より少なくなります。
母国では援軍者の役職任命はできませんが解任と追放は可能です。
援軍先の国では援軍武将に対して追放や投獄を行う事もできます
追放されてしまうと母国に戻らねばいけなくなります。
援軍中に母国が滅亡したり乗っ取られた場合、在野に落ちます。
援軍が終了したら母国に歩いて帰国します。





■攻略方法 〜天下統一への道〜


・統一するには人とのコミュニケーションが基本
三国志NETは1人で遊ぶゲームではありません。沢山の”人”が遊びますので敵もCPUではなく当然”人”です。
また味方もCPUではなく”人”です。個人で1人で満足して遊ぶゲームではなく味方と共に自分の役割を果たし助け合いながら自分の国を天下統一に運ばなければいけません。
それには”人とのコミニュケーション”が大切です。
人とコミニュケーションの出来ない身勝手な者には誰も協力してくれません。
そんな人が統一した歴史はこのサーバーでは誰一人としていません。
”人は石垣 人は城 情けは味方 仇は敵”かの有名な武田信玄の言葉です。
国を守るのは人であり、国を作るのも人です。人ですから、情を持って接すれば味方となって助けてくれる事もありますが、意地悪したりイジメたり人の嫌がるような行為で横暴に振舞えば、怨まれてしまい、貴方の味方にも助けにも絶対になってくれません。
それよりも、今は力ずくで勝てると思っていても何時か貴方の敵になり立ちはだかる事もある。と言う事です。
敵を多く作る者に天下は統一できません。
例えば学校で弱い者をイジメて楽しんでたとしても何時か貴方の大きな脅威となって仕返しされるかもしれないですよ?
今は大丈夫と安心してても誰しも決して1人で生きてるワケではありませんし人は成長します。
イジメの怖さを知っていた武田信玄は人に無闇に危害を与え怨まれるような事は自分に何もならない無意味な事と知っていたからこそ優秀な人が集まり彼の為に命を掛ける家臣が集ったのです。
逆に織田信長を例にあげてみましょう。彼は秀吉のように農民の出でも分け隔てなく優秀な者は家臣として仕官する事を許しました。
当時としては異例の事です。やがて、秀吉はその才を発揮し、信長の天下に大きく貢献しました。
その反面、明智光秀を執拗にイジメてしまいます。そして信長は明智の謀反によって滅びたのです。
いかに戦いが強かった信長といえど人を大切に扱わなかった事が原因で滅んでしまったのです。
ですからイジメなんて小さな行為は武田信玄を見習ってやめましょうね(笑)
話がそれたように思えますが、実はこの人柄こそが三国志NETでは何より必要です。
みんなの力を借りて是非天下統一を目指して下さい。



・普通の三国志NETのプレー感覚を捨てよう
当サイトの三国志NETは配布版と違い独自の改造を施してます。
ルールも一般的なルールと違います。同盟や密約を厳守し、奇襲は絶対に禁止というのが一般的なサイトのローカルルールです。
このようなローカルルールはお互いが楽しく遊ぶ為にもとても大切なルールです。
しかし当サーバーでは伝統的に戦略性を重視していますので、同盟や密約を守るも守らないも各国の戦略判断で自由にお任せしています。
また奇襲行為も禁止にしてません。宣戦布告して堂々と戦うも、奇襲作戦を展開するも各国の自由です。
奇襲国家と罵るのも自由です。でも奇襲は悪い行為ではありません。
実際の三国志の世界でも戦国時代でも当たり前の事です。
それは生き残りを賭けたサバイバル戦だったからです。
汚い行為!卑怯だ!と言っても戦国乱世の世界では負けてしまったらそれで全て後の祭りです。
密約を厳守しないのも悪い行為ではありません。時と場合によっては相手を騙して戦う事も重要になります。
また密約を重視して安心しきっていると相手が謀略で何時裏を掛かれて攻め込まれるかわかりません。
しかし、そのような相手を裏切ってばかりしてると国の信頼は失われます。
卑怯な行為は時にして自国を救いますが時としては敵を多く作り相手に正当性を与えてしまいます。
その見極めを考えないといけません。サバイバル戦は呑気に甘い考えを捨て去り厳しく現状を把握し常に最悪の事態を想定して備える事が大切です。




・油断は大敵
当サイトはどこよりも自由なルールですから厳しいサバイバル戦になります。
そしてサバイバル戦は相手も生き残る為に様々な事を考えて行動します。
宣戦布告されてないから安心♪と思ってると何時攻撃されるかわかりません。
その時に一番大切なのは、みんなできちんとそれぞれに与えられた役割をこなし、連携して敵に対処すると言う事です。
そして周りは同盟していても決して味方ではありません。全て天下統一を目指して行動している敵なのです。
敵を前にして安心して守備にもついていなければ滅亡を免れません。
油断が一番の大敵なのです。




・人任せではなく自分から率先して行動しよう
自分がやらなくても誰かがやってくれる。なんて思ってると周りの味方も同じ事を思って行動してなかったりします。
また一人一人が大切な戦力です。自分以外の誰かに任せた時点で大きな戦力ダウンになるのです。
逆に考えれば自ら率先して行動していれば、それだけで国にとっては大きな戦力になり、敵国には大きな脅威になります。
1人の力は時によっては何倍もの戦力に匹敵します。
自分から率先して行動すれば周りも率先して行動してくれる人が集まる事でしょう。
またリアルが忙しくて途中でプレーが出来ない時も普段から率先して行動していれば周囲の人達も理解して助けてくれる事でしょう。
そして戦争に率先して参加することもとても大切です。戦えば戦うほどキャラクターの成長も早くなります。
率先して行動する人の戦力は決して1ではなく2倍にも3倍にも匹敵するのです。



・与えられた役割をこなそう
一人一人が勝手な行動をしていては国として全く機能しません。
国は団体行動ですから各自与えられた役割をこなさなくてはいけません。
例え小さな事でもそれが集まって大きな力になります。内政や集合などもとても大切な役目です。
時には自分に出来る事を自ら探して行動して役目を果た事こそが、真の名将になれるのです。
そのような人材が集まる国こそ統一を果たす事ができます。



・携帯のメール機能を上手く活用しよう
突然の奇襲など当たり前にありますからリアルの生活がある私達は当然大変です。
そんな時はオプションのメール機能を使ってみましょう。
メール機能を使えば伝令で指令や状況を味方が伝えてくれます。
また、攻撃された時や内政で最大値になった時もメールでサーバから早馬としてリアルタイムで状況を報告してくれます。
オプションで細かく設定できますので必要な事だけを知らせてくれるのも可能です。
こういった便利な機能を上手く活用すると有事の時は素早く行動に移せるピンチを免れる事でしょう。
自分のメールアドレスは相手には伝わりませんから安心して使えます。
こういった
メール機能を上手く活用するのも手です。



・戦術の極意は風林火山
あの武田信玄が旗印にも書いた風林火山、その旗印の元となったのは、孫子の兵法に記述されている戦術の考え方の表した一文からです。
その意味とは?
その疾きこと風のごとく、その静かなること林のごとく、侵略すること火のごとく、動かざること山のごとく、知りがたきことは蔭のごとく、動くことは雷震のごとく
何かを実行する時は風のような早さの行動スピードが大切で、自分達の行動は相手に悟られる事のないくらい林のように静かに見せかけ、戦う時は火のような勢いで激しく攻撃し、動いてはいけない場面では山のように落ち着いて決して慌てず状況を的確に判断し、こちらの意図や考えは暗闇に潜むように相手に悟られる事のないように、動くと決断したら雷のように大地を振るわせるような勢いで進み続ける。
この事こそが戦術の極意でどんな場面でもとても大切になります。
特に作戦参謀はこういった戦術を持って味方に指示して敵に当ればきっと勝利を手にする事ができるでしょう。



・外交の基本は遠くと交わり近くを攻めよ
外交の基本は遠くと交わり近くの敵を攻める事です。遠交近攻の計と言います。
それは近隣諸国と同盟を結んでしまうと身動きが取れなくなって後手を踏む機会が増えるからです。
また隣国と下手な同盟を結んでいると異変が起きたときに巻き込まれる危険もあります。
もし隣国が小国で大国に狙われたら同盟している自国は助けに向かわなくてはいけなくなるかも知れません。
また助けた事によって後日相手国から怨まれ狙われるかもしれません。
そして助けた隣国が敵国に勝ち自分達の国より大きな力を持ってしまえば、一番近くに大きな脅威を自ら作りあげてしまう事にも成りかねません。
逆に同盟を結んでいるのにも係わらず無視して助けもしなければ、同盟国にも怨まれる結果となりえます。
そして滅んでしまえば次は自分達の国がピンチになります。
その時に助けとなる隣国はもういません。
これが遠くの反対側の国なら影響はありません。
むしろ後ろから攻めて助けてくれるっばかりか逆襲が容易になるかもしれません。
遠国と国交を結び、近くを攻めて制圧していけば容易に大国になっていきます。
全ての展開が必ずしも当てはまるとは限りません。外交は常に臨機応変に行わなくてはいけません。
遠交近攻の計とはこういった先々の事をよく考えて外交しなさいと言った乱世で国が多く乱立した時の判断基準を明確に表したあくまでも戦略論です。




・孫子に勝る兵書はなし
貴方がもし簡単に負けてしまったら、それは考え方に問題があるかもしれません。
このゲームは攻略本のように決められた筋書きどうりにプレーするわけではありません。
相手も知恵をもった人である限り、相手との知恵比べと言っても過言ではありません。
人の動かし方、基本的な戦略概念、戦術論、曖昧だったりしてませんか?
又は全く考えずに行動していませんか?
古来より戦国乱世での勝者と敗者の違いはこのゲームの勝者と敗者にも凄く共通していることがあります。
勝者には勝者になる為の、敗者には敗者になるための理屈があります。
古来よりこのような勝者と敗者論は様々な兵家達によって論じられ研究されてきました。
兵家とは君主達の前で戦術論を教える戦いの専門家達です。当然エセも多かったようですが。
そして兵書とは敵に勝つ為の考え方を論じた書物で古来より様々な者が存在しました。
その中でどの兵書よりも明快で優秀とされているのが孫子の兵書です。
負けてしまったら何故負けたのか?理由が必ずあるはずです。
自らの負けを分析せずに相手のせいにしていては、次に勝つ事も難しいです。
このサイトにも訳がありますので一度目を通して戦略ってこういう事なんだな〜となんとなくでも理解してくると
貴方の戦い方も変わってくるかもしれませんよ。



・決して最後まで諦めない強い心
どんな状況に陥って簡単に諦めてはいけません。諦めた時点ですでに負けてしまうのです。
もう一度よく大局を見据えて考えてみてください。もしかしたらまだ手が残されてるかもしれません。
又は相手が勝てると油断しきって隙を見せるかもしれません。
しかし諦めたらそれすら見えなくなります。どんな状況でも最善の一手は必ずあるものです。
1人が弱音を吐くとみんな弱気になります。
国全体の雰囲気がそうなっては勝てるチャンスがあっても見逃してしまいます。
そして例え負けても勝つ!と言う事があります。
このように考えもしない逆転劇は古来より何度もあり、勝者は必ずと言ってよいほど敗北を知ってる者が天下を治めてきました。
臥薪嘗胆といった言葉は敵に負け敵に屈服して身分を剥がれ、蒔きの上で寝て、苦い肝を味わい悔しい思いを乗り越えて、最後に勝利する話から生まれました。負けて苦い思いを超えてこそ勝つ為の道を見い出したという事です。
また、日本では天下を治めた徳川家康ですら、この苦い肝を味わっています。
武田信玄との戦で武田の猛攻撃の前に徳川家康はおもらしをして逃げたそうです。
その恥ずかしい出来事をずっと忘れないように当時の家康は絵師にその恥ずかしい自分の姿を書かせ常に飾って自分への教訓にしていました。
もし貴方が負けたとしても次に勝つ為には時には相手のやり方を学ぶ事が大切です。
負けてしまっても他国で1からやり直してみましょう。きっと次の戦いの場でそれが活かされて来ます。

もしかしたら君主になるチャンスが再び到来して天下統一の逆転劇を生む可能性だってあります。
自分が負けたからといって終わりにしてしまえば全てはそこで終ってしまいます。
最後まで決して諦めない心こそが勝者への一番への近道なのです。

by くじら


2009.11.26加筆





HOME



HP素材:三国志Drive様